小宮山雄飛の“英世”なる食卓 Vol.36

目黒カレー戦争勃発!カレー新時代を制する注目2店はココだ!

curated by
小宮山 雄飛

「チキンカレー」¥1,000

味も見た目も完璧な意識高めカレー
『LAND』の「チキンカレー」

週4日のみ営業するお洒落すぎると話題の店へ。

「こちらは友人がSNSに写真を上げているのを見て、そのルックスのスタイリッシュさに驚き、すぐに訪問。ピラミッドのように盛られたご飯とマッシュポテト、上から振られたクミンやスイートチリなどのスパイス、とにかく見た目のお洒落さが半端ない!」

約6種の野菜をバーナーで炙り盛り付けた美しいカレー。季節野菜とドライフルーツのカレー(¥1,200)

実は、ここの店主の前職はデザイン関連のお仕事。あまりにカレーが好きで、退職し店を開いたのだとか。

「お皿を事前に温めていたり、しゃもじ2本を使って器用にご飯を盛っていたり、見えない部分でのこだわりと丁寧な仕事が凄い! さらに食べてみるとインパクト大な見た目と裏腹に、しっかりとベースが作られていることがわかる。スパイスのバランスも絶妙。どのスパイスが主張するわけでもなく見事に調和」

「そこに素材の旨みや盛り付けの技が加わる。単にスパイス多めで派手さを出すのではなく、一皿のカレーを最後まで食べると見事に立体的かつまとまった味になる、めちゃくちゃ考えられたカレーだと思いました。店内のインテリアも、お洒落でカレー屋の新時代を感じさせるお店です」

平日ランチは鮮やかなミニサラダとピクルスがセット。ピクルスが口の中をさっぱりさせてくれ、箸休めに最適!

チキンカレーの山型のライスを盛り付けている様子。このようにライスを山型にしたり、盛り付けの最後の仕上げにスパイスを降りかけたりするなど、店主の美的センスが随所に光る。

木~日のみ営業のこちら。何故、週4日営業なの?と店主に問うと、「残りの3日間はカレーの研究に費やしているんです。カレーは奥深いので、勉強のしがいがあります」とのこと。

月刊誌「東京カレンダー7月号」は、大人のための「目黒」特集!

騒がしいだけの街は、もう嫌だ!というあなたへ。次なる大人の拠点はココ!

城南地区の山手線の駅でありながら、
知っているようで知らない、最後の未開拓エリア「目黒」。

最新号となる「東京カレンダー2017年7月号」では、この街に数多く存在する、大人が食べたい料理、つい通いたくなるお店の情報を徹底リサーチ!

騒がしいだけの街に別れを告げて、いざ「目黒」へ!

気になった方は今すぐこちらから!

※断然お得な定期購読プラン開始!なんと3号連続で半額!!その後も20%OFFでご提供!!!
※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は5/20(土)!!

【小宮山雄飛の“英世”なる食卓】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo