• PR
  • こんなプレミアムな空間でウイスキーを片手に語り合いたい!「ジャックダニエルゴールド」が飲めるバー14軒

    こだわりと情熱の詰まった「ジャックダニエルゴールド」を味わいたいなら、ここで紹介するバーを選べば間違いはない。扉を開けた瞬間から、いつもとは違う大人の時間が流れて、初々しい間柄でも、慣れ親しんだ間柄でも、それは心地よい刺激となるだろう。

    ①名高き老舗で味わうモルトウイスキーの熱烈な歓迎
    『洋酒博物館』

    銀座

    酒好きのみならず、その名を聞けばどこかワクワクする気持ちにさせる『洋酒博物館』。

    世界の洋酒を3000種類以上揃え、そのうちモルトウイスキーが900本以上を占めるという。ウイスキーラヴァーはもちろん、ビギナーが第一歩を踏み出すのにまさに相応しい老舗だ。世界のアンティーク・シェイカー200台が展示されている店内は、それだけでも一見の価値アリ。

    ②扉の向こうに広がる至福のひとときに酔いしれる
    『BAR保志 MonsREX』

    新橋

    銀座・金春通りにひっそりと佇む、レンガ作りの店。一見開くのをためらいそうなほど重厚な雰囲気の扉だが、勇気を出して踏み入れれば、銀座の夜の悦楽に心ゆくまで浸ることができる。

    名バーテンダーとして知られる保志雄一氏が開いた店のひとつであり、スタッフの腕前やサービスには定評アリ。店が得意とするカクテルで、ウイスキーの新たな魅力を知るのも一興だ。

    ③スコッチ好きの紳士淑女が集う老舗ホテルの社交場
    『バー ハイランダー』

    虎ノ門

    名前に“スコティッシュバー”と冠するこちらのバーの自慢は、200本以上揃う充実のスコッチ。ヴィンテージから最新銘柄まで品揃えは幅広く、中でもファン垂涎のラインナップが70年代後半~80年代前半に流通していたマッカランなどのオールドウイスキー。

    タータンチェックの絨毯など英国調に統一された店内で、英国紳士を気取って一杯やるのもオツだ。

    ④琥珀の輝きに映るは、巨匠が手掛けた名建築の面影
    『オールドインペリアルバー』

    日比谷

    巨匠フランク・ロイド・ライトの代表作である『ライト館』の面影を今も残す文化遺産的なバー。

    1920年代の空気感を偲ぶ優美な空間でいただく琥珀色の一杯は、何物にも代えがたい贅沢な余韻を残す。ここはひとつ、オリジナルラベルのブレンデッドウイスキーを注文し、ゆっくりと変化を楽しみながら、よき時代に思いを馳せたい。それが大人の嗜みというものだ。

    ⑤妖しい光に誘われ、扉を開ければ居心地抜群の空間
    『Bar 甑』

    表参道

    一見バーとは思えないその店構えは、バラエティ豊かな店が立ち並ぶ西麻布の地でも、ひときわ異彩を放っている。だが勇気を出して扉を開ければ、気さくなバーテンダーが笑顔で出迎える、シックな空間が広がっているのだ。

    シングルモルトとバーボンを中心にツボを押さえたウイスキーの品揃えは、うるさ型の呑み助も納得。落ち着いたひとときを過ごすなら、ここに行くべし。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo