サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道" Vol.21

かなり高級そうに見えるけど、実は手頃に購入できちゃう外車5選

クルマ音痴の東京カレンダー編集者・船山を一人前のクルマ担当に育てる本連載。自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集部員船山(通称ふなっしー)に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

今回のテーマは、「購入予算に限りが……。手頃な値で、お金持ちに見えるクルマを教えて!」

船山:30代も半ばになると、結婚したり子どもができたりマンション買ったり、ジマン話が多くて。

サトー:ふなっしーも、麻布十番にできたビストロの話題でジマン返しをすればいいじゃん。

船山:北関東でそんな話をしても、「アザブジュバーンって外国?」と言われるのがオチです……。せめてみんなにジマンできるようなクルマで凱旋帰郷したいです。お財布事情を鑑みて、200万円ぐらいで、実際の値段よりお高そうに見えるクルマ、僕がお金持ちに見えるクルマを教えてくださいよ!

【RANGE ROVER SPORT】レンジローバーのカジュアルライン。全長4855mmと、5000mmを超えるレンジローバーよりややコンパクト。舗装路に重きを置いた性能も含めて、日本ではこちらのほうが使いやすいという声も。しかも室内の上質さはレンジローバーと遜色ない。

サトー:うーん、だったらレンジローバー・スポーツが一番かな。

船山:レンジローバー! クルマ音痴の自分でも、その響きにはグッときます。詳しく聞きたいっす。

サトー:レンジローバー・スポーツは、レンジローバーより少しだけコンパクトで、オフロード性能より舗装路をスポーティに走ることに重点を置いたSUVなんだ。

船山:でも、僕にはレンジローバーと区別がつきません。

サトー:そこがミソ。レンジローバーは一番安いモデルでも1,377万円もするんだけど、レンジローバー・スポーツは860万円から。つまり、実際の値段より500万円ぐらい高く見えるってわけ。これ、お買い得でしょ?

船山:た、確かに……。でも860万円だと、お金持ちに見えるというより、モノホンのお金持ちという気もします。もうちょい、お手頃なヤツはありませんか?

【サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道"】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo