LINEの答えあわせ【Q】 Vol.2

つい送りたくなる“俺通信”。マメに連絡する男がモテるのか?LINEの答えあわせ【Q】

たった1通のLINE。

その巧拙が恋愛の勝敗を決めかねないが、恋愛マニュアル情報は巷に数多くあれど、LINEの正解を教えてくれるコンテンツはほぼ見当たらない。

男女でLINEに対する捉え方は、全く異なるようだ。

あなたが送るそのLINE、気づかぬうちに間違えていないだろうか。


持つべきは、嫁のいる男友達


—裕二に紹介したい子がいるから、来週土曜日の夜、空けといて!

美咲との出会いは、学生時代からの悪友・純平からのこんな紹介だった。



純平は、東京大学の同級生だ。

会社は違うが、外資系会計事務所に入った純平と俺は妙に気が合い、新卒時代は激務の中、週末ともなれば何度も朝まで飲み明かした。(食事会の回数は数え切れず、純平の女癖の悪さもきっと俺が一番知っている。)

そんな純平が、三年前にあっさりCAと結婚を決めた時は正直驚いた。

「結婚は墓場。まだまだ先でいいよな。」

そうお互い話していたのに、純平は32歳で身を固めた。厳格な家で育ったと言っていた、純平らしい決断だった。

悪友の結婚式に複雑な気持ちで出席したのを、今でも覚えている。そして純平が結婚して以来、彼の生活スタイルは一変し、昔のように毎週末飲むことはなくなった。

むしろ少し疎遠になっていたくらいだ。

そんな純平が、未だに独り身な俺を心配したのか、数ヶ月ぶりに突然連絡をよこした。しかも紹介したい人がいると言う。

聞けば、純平の嫁の友達だと言う。純平の嫁とは、面識はほぼない。どういう風の吹き回しかと思ったが、とりあえず今は特定の彼女もいないからまぁいいだろう。

—OK。どんな子?とりあえず土曜空けとくわ

単刀直入に言うと、CAは好きではない。高スペックの独身男性には、途端に目の色を変える。(特に結婚に焦っている30歳前後の女は必死すぎて怖い。)

—CA以外がいいな...

そんなことを思いながら、土曜日を迎えた。
そしてこの出会いに感謝することになる。

【LINEの答えあわせ【Q】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo