イケダン!? Vol.2

妻特製の手作りパンが口説いてくる!?既婚男性のLINEアイコンには、要注意

―イケてる旦那、通称イケダン。

仕事ができて家庭への配慮も忘れず、男としての魅力にも満ち溢れている。

メディアには多くの“イケダン”たちが登場し、礼讃される。

しかし彼らは本当に、全て完璧にこなすスーパーマンなのだろうか?

外資系メーカーに勤務するユウ(29)のFacebookには最近、イケダンたちの投稿が次々に表示されるが、「いいね!」は押さないことに決めている。

その理由とは?


―20分走って、終わりかな。

代々木上原のゴールドジムで、ユウはランニングマシンの電源を入れた。

ジムには、週に2度ほど通うようにしている。ストレッチと筋トレ、ジョギングで1時間ほど汗を流すと体がいい具合に温まり、うっすらと汗が噴き出るのだ。

ジム通いは、ユウの唯一の趣味と言っていい。

ここ1年ほど定期的に通っているが、ウエストはすっきりとくびれ、鏡で見る自分の姿に見とれてしまうほどだ。

ユウは今年で、30歳になる。白く透き通るような肌と幼さの残る顔立ちのおかげで20代半ばに間違われることも多いが、それに甘んじるつもりはない。決まったトレーニングをこなすのは、すっかり日課となっている。

ランニングを終え、入口付近の小さな休憩スペースに座ると、ある男の姿が見えた。

「ユウちゃん」

その男の名前は、川口という。ユウ好みのあっさりとした醤油顔を思いきりほころばせ、こちらに近づいてきた。

彼と顔を合わせぬようジムに来る曜日を変えていたのに、久しぶりに会ってしまった。女心を本能からくすぐる子犬のような顔は驚くほど小さく、ジムの中でも特段目立つ存在だ。

爽やかな笑顔に不覚にもときめいてしまったが、騙されてはいけない。彼もまたひと癖ある“イケてる旦那”、通称“イケダン”なのだ。

【イケダン!?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo