『ハイスペいなり』がキタ!トリュフやうにがどっさりのいなり寿司が旨すぎる!

日本人が大好きな“いなり寿司”。だが、普通に生活をしているとなかなか食べる機会が少ないのも事実。ところが、ここ最近いなり寿司を現代風にアレンジしたお店が流行っているという。その筆頭が恵比寿にできた『あげまき』。驚きのフォトジェニックさに、女性ウケも抜群。一方、昔ながらのいなり寿司も根強い人気を誇る。ということで、今回は新旧の人気いなり寿司をご紹介!

特製いなり寿司、全5種類。角煮いなり¥580、豚しゃぶいなり 煎り酒いくら¥580、和牛すき焼き風いなり¥580、雲丹と炙りフォアグラいなり¥690、雲丹とトリュフいなり¥750

贅沢を尽くしたフォトジェニックないなり寿司
『あげまき』

恵比寿

恵比寿の人気和食店『イワカムツカリ』が、寿司居酒屋をオープン。恵比寿の五叉路から少し入った場所にあり、隠れ家的にも使えるお店だ。「寿司をもっと身近に楽しんでほしい」という店主・内山さんが着目したのは、日本人になじみ深い〝いなり寿司〞。

独自性を追求したいなりは、トリュフにフォアグラ、うに、といった高級食材がアレンジされ、世界三大珍味ならぬ〝三珍いなり〞を味わえる。具材との調和にこだわったお揚げは、三田黒沢商店の古来品種の大豆のみを使ったもの。

フォトジェニックなビジュアルも女子ウケ鉄板。握り寿司も居酒屋レベルを超越した旨さだ。米と相性抜群のカストリ焼酎を片手に、女子の心と胃袋を掴もう。

新メニュー炭炙り肉巻きいなり(二貫)¥800。醤油を塗って自分で焼き上げるのも楽しい。肉とお揚げの旨みが口の中でジュワッと広がる

食材の安全性と健康をテーマに、天然魚や、安全に蓄養された貝を扱い、天ぷらや麺はグルテンフリーにこだわる。狐のお面を飾った店内も洒落てる

胡麻9・胡桃9・季節の具材9の計27個入りで¥3,600。風流な品書きも心憎い。ほか20個入り、48個入りなども

その可愛らしさにみんな夢中に
『呼きつね』

「こきつね」というなんとも愛らしい屋号の印象どおりの、ひと口でぱくっとつまめる小振りないなり寿司。近頃〝美しく美味しい手みやげ〞として各所で人気上昇中なのもうなずける。

店主の徳永明広さんは、かつて芝居の世界にいた、という異色の経歴を持つ人物。「楽屋見舞いにしてもらえるような品を」という思いで、このいなり寿司を考え出した。

出身地にほど近い熊本の名産品である「南関あげ」の独特の食感と味わいが生きるよう、酢飯は硬めに炊くのが徳永流。持ち帰り専用で、店舗では販売のみ(取り寄せも不可)。まとまった量を注文したいときに、前もって予約をするのがおすすめだ。

おみやにもぴったりな、出世いなり¥220。意味を語れば、みんなが膝を打つ

麻布十番の名物いなりは粋なおもたせ!
『月島屋』

麻布十番通りに佇むレトロな外観が目印。こちらの名物は縁起ものの「出世いなり」。通称「うらまきいなり」とも呼ばれるこちらのいなり寿司は、「裏(番組)を食うという意味と、中のれんこんは世を見通す、しいたけは健康の願いを込めて」と、先代が40年前に考案。

以来、マスコミ関係者から人気を集めている。

おもたせ用は通常用意していないのだが、頼めば特別にお赤飯用の目にも鮮やかな朱の化粧箱にいれ包んでくれる。

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo