思い出す、あのイタリアの味。必勝デートは、旬をまるごとのアマン東京の北イタリア料理で!

ミラノやヴェネチアなど、人気の観光地があるイタリア北部。そんな北イタリアは、日本と同様に四季折々の旬食材を楽しむことができ、独自の食文化が発達した地域である。

そんな北イタリア・ヴェネト地方の春の食材を使ったスペシャルメニューを日本で楽しめるのが、アマン東京の『ザ・レストラン by アマン』だ。イタリアワインと本場の料理をいただきながら、春の光が運河に煌くヴェネチアに思いを馳せてみよう。

ヴェネチアの春の香りを堪能

今回使用するのは、ホワイトアスパラガスや空豆、グリーンピース、桜鱒、あさりやムール貝、イカスミなど。この地方の特賞がよくあらわれる、春の食材だ。それらの食材を、ヴェネト州の州都であるヴェネチアで13年間に渡り料理の腕をふるってきた平木正和シェフが絶品料理へと仕上げる。

飾らない本場の味を、オーセンティックなスタイルで堪能しよう。

水の都「ヴェネチア」

豊かな食文化を持つ「ヴェネト州」

イタリア北東部に位置するヴェネト州(州都・ヴェネチア)。東はアドリア海に面し、西にはポー川流域の穏やかな平地、それを囲むように山岳地帯が北にある。

この美しい景色と同じぐらい魅力的なのが、豊かな食文化。海の幸をはじめ、肉、チーズ、野菜の種類が非常に豊富。さらに、キノコ類やジビエなど、山の幸にも恵まれ、食いしん坊には堪らない地域なのだ。

ヴェネト料理の魅力がたっぷり詰まったメニュー

今回提供されている料理は、ヴェネト地方でのみ食べられる、白とうもろこしで作られた”ポレンタビアンカ”を添えた「赤城牛脛肉のスペッツァティーノ」(煮込み料理)。そして、鳩肉、アンティーチョーク、パンをスープ仕立てでいただく「ソーパコアダ」など、日本ではあまり耳慣れないメニューが勢ぞろい。

「ソーパコアダ」はヴェネト地方の方言がメニュー名になっていたりと、北イタリアの魅力をダイレクトに伝える仕立てになっている。

北イタリアの伝統料理も登場

グリーンピースとパンチェッタ、そしてパルメジャーノをたっぷり使った、こちらのリゾット「リジ・エ・ビジ」も登場。

ベニスの守護聖人、聖マルコの日(4/25)を祝って食べられたと伝わる、季節の伝統的なメニューもアラカルトでいただける。

伝統料理を見事にアレンジした「タリアテッレネーレ ラグー ディ セピアと蛍烏賊」

上品な仕上がりのパスタも見逃せない!

昔ながらの方法で作った、トラディッショナルなイカスミのパスタは絶品!
そのまま食べてもフレッシュで、味わい深いホタルイカに軽く火を入れ、パスタほどの細さにカット。それをイカスミパスタの上に乗せれば、きれいな黒と白のコントラストとなり、とても上品な仕上がりに。

高級ホテルのダイニングらしく、イカスミをパスタに練りこみ、通常より少なめのイカスミソースで絡めている。そのため、口の周りが黒くならずにいただける。女子にはありがたい心遣いだ。

「ビーゴリ イン サルサ 玉葱とアンチョビのソース」

「ビーゴリ」はヴェネトの代表的なパスタで、手打ちの生地を押し出して(ところてんのように)成形したもの。

ビーゴリ イン サルサ 玉葱とアンチョビのソースは、タマネギの甘みとイワシの香ばしさが、もちっとしたパスタによくからんで至福の味わい。

約1,200本のボトルを収容可能なウォークインセラー。レストランのゲストはこのセラーに入ることも可能

おすすめのイタリアワインはこちら

今回の料理によく合うオススメワインはこちら。
グラスで愉しめるものもあるので、いろいろな出会いを試してみてはいかが?

【グラス】
白:テヌータ イシンバルダ(リースリング、ロンバルディア)2,600円
赤:アマローネ デラ ヴァルポリッチェラ コルテ アダミ(コルヴィーナ、ロンディネッラ、コルヴィノーネ、ヴェネト)3,000円

【ボトル】
白:プラ モンテ グランデ ソアーヴェ クラシッコ ガルガネーガ 14,000円
赤:アマローネ デラ ヴァルポリッチェラ アレグリーニ コルヴィーナ 22,000円

※料金は、税込サ別の表示です。

■コース概要

コース名称:春のクラシック・ヴェネトコース(Stagione)
価格:ランチコース 7,200円(税込サ別)
   ディナーコース 16,000円 (税込サ別)
期間:3/3(金)~5/14(日)
時間:ランチ 11:30~14:30
   ディナー 17:30~22:00(最終入店22:00)
場所:ザ・レストラン by アマン アマン東京 33F
お問合わせ:レストラン予約 03-5224-3339

夜は高さ8メートルの一面の窓から眺める、美しくダイナミックな東京の夜景も魅力の一つ

ザ・レストラン by アマン(イタリア料理)

ヴェネト地方の料理を中心にしたオーセンティックなイタリア料理を楽しめるダイニングに生まれ変わった。イタリアから取り寄せる伝統食材と日本の上質な食材で、2ヶ月ごとにメニューを変え、イタリア料理の旬の味を提供する。

レストラン奥にある壁一面・ガラス張りのワインセラーが圧巻!イタリア及び世界各地のワインメーカーから取り寄せた厳選ワインが多数並ぶ。

大都会にいながら、非日常をを体感できる空間

『アマン東京』について

開業から2年が経過した『アマン東京』は、大手町タワーの33~38階の最上階部分にある。木と石と和紙による、日本の伝統文化と現代性を兼ね備えた広々とした静かな空間が特徴的。

客室数は84室。高い天井高を持つガーデンラウンジを始め、レストラン、バーラウンジ、地上階別棟のカフェ、トリートメントスイート(8室)、アマン・スパなどを擁する。それら施設のどこからでも望める景色は絶景で訪れる人からの評価も抜群だ。

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo