中目黒の大人デートならこの名店へ!しっぽり和食が楽しめる中目グルメ5選

左から北海道天売島産バフンウニ、福岡産赤ウニ、利尻島産ムラサキウニ、唐津産赤ウニ、熊本産赤ウニ。壮観の光景!

※時期などによって、メニューの変動あり。

極上の雲丹を食べ比べ!夢のような寿司店『鮨 尚充』

中目黒

極上のうにを、数種類食べ比べる…そんな夢のような寿司店が、中目黒にある。グルメの間ではつとに知られる名店『鮨 尚充(たかみつ)』だ。

こちらの店の「おまかせ」コースは、握りとつまみが交互に登場するスタイルだ。普段からうには握りとつまみ、それぞれ2種ずつ登場するという。それだけですでに4種が味わえる!

ほれぼれするくらい美しい佇まい。表面の粒がひとつひとつしっかりと際立つ様子に、質のよさが伝わってくる

握りを頬張る。…言葉が出ないとはこのこと。とろける食感とともに、濃厚な磯の香りと甘みが口の中に押し寄せる。

聞けばこのうに握り、単品注文すれば1貫1,500円超え。しかし「おまかせ」コース17,000円なら、握りとつまみ全30品ほどが登場する中で、うにが数種類食べ比べられるのだ。

軽妙なトークで盛り上げる安田氏。そのキャラクターに魅せられ、店に通う人も多い。「おまかせ」でも、内容は相談に応じてくれる

同じ品種のうにでも、産地によっておもしろいほど味が違う。これだけのバリエーションが味わえるのも、旬の今ならでは。そして、この店だからこそ可能といえるだろう。

今や1ヵ月先まで予約が取れない人気店だが、先の予定まで調整して行くべき価値は大アリ。

奥からうにを乗せたアラ(スズキの仲間)、新子、大間産大トロ、真イカ、対馬産穴子。ほどよい大きさのシャリが口の中でぱらりと解ける

もちろん、うに以外の握りやつまみも絶品だ。 カレイ、牡蠣、タコ、金目鯛、イカ、新子、白子、ゲソ、イシガキ貝、小柱、アワビ、大トロ、車エビ、サワラ、アジ、ノドグロ、穴子…といったオールスターメンツが楽しめる!

「いぶりがっこマスカルポーネ」など、酒が進むつまみも秀逸。自身が無類のシャンパン好きという安田氏だけに、寿司店ながらシャンパンは8種を揃えるが、もちろん日本酒も豊富だ。

清潔感のある白木のカウンター席は、連日満員御礼。ドラマチックに活けられた枝ものも、安田氏の手によるアレンジだ

握りとつまみを交互に提供するスタイルの理由は、握りは提供したらすぐに食べてほしい、でも酒もきちんと楽しんでほしいという思いから。

これがまた、ゆっくりと飲みながらくつろぎたい向きに好評。再訪したくなる理由は、こんなところにもあるのだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo