渋谷で今一番賑わう新店!タレまで旨いホルモン尽くしのコースとは?

渋谷東急本館の奥。いわゆる裏渋谷と言われるエリアにある『ホルモン千葉』は、2016年7月、京都の人気店の東京初進出店としてオープン。

その独特の食べ方と2種の味わいが評判を呼び、早くも予約必至店になっている。

京都の味はそのままに上陸!
『ホルモン千葉』

渋谷

まず注目すべきはホルモンを焼く鉄板。カウンター席から見て、奥が少し高くなるよう傾斜をつけてガス台に固定される。そして手前に細モヤシをたっぷりとのせ、奥でホルモンを焼き、焼かれたホルモンから滴り出る脂をモヤシに染み込ませるという寸法だ。

さらに鉄板手前の角には小さな穴が開けられており、余計な脂はそこから落ちるようになっている。とはいえ、その余計な脂もタレの入った器に落ちるようになっており、ホルモンの旨みをどこまでも逃さない設計となっているのだ。

おすすめは、コク塩タレと黒ダレを両方楽しめる「千葉のコース」(¥3,024)。このコースではまず、ニンニクの利いたコク塩タレで味付けされたホルモン(マルチョウやアブタンなど)が提供される。

ホルモンの独特の甘み、旨みとニンニクの風味と程よい塩加減が相まって、噛みしめるほどにため息が出てしまう。そのタレと脂を吸ったモヤシは、口直しにもこれだけでつまみにもなる優れものだ。

味付けされたモヤシは箸休めにも。おかわり自由が嬉しい

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo