先週のアクセスランキング!1位は「デート終盤戦。「私、明日休み」と言われたら、男は何を思う?デートの答えあわせ【Q】」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“デートの答えあわせ【Q】”に“二子玉川の妻たちは”から“私、港区女子になれない”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
デート終盤戦。「私、明日休み」と言われたら、男は何を思う?デートの答えあわせ【Q】

25歳。人気セレクトショップ店員のゆりは、休みが平日なのはマイナス点だが、ルックスもよく、おしゃれで、さすがサービス業なだけあり、身のこなしや対応も落ち着いてる。話を聞くのもうまい。話題も豊富で、一緒にいてなかなか心地いい。

必死で落としたい女かというとそうでもないが、軽く遊ぶには申し分ない。さて、今夜こそは。

続きはこちら

★第2位
私を落とせなかった理由。男が気づけなかったマイナス点とは?デートの答えあわせ 【A】

私は男の子にオーダーを任せるのが好きだ。女同士のご飯とは、全然違ったメニューの選び方をするから、単純に楽しい。

「有機野菜のサラダと、パテと、トリュフのオムレツと、ラムロースと、リングイネ、でいいです。」

彼がそう頼み、店員さんにメニューを渡した時、心の中がもやもやするのを感じた。「で、いいです。」という言葉だった。

続きはこちら

★第3位
二子玉川の妻たちは:コーチングにハマる妻の闇。彷徨う妻が掴むのは救いの手なのか?

「あなたから負のオーラが出ているので、心配になってしまって。」

普段だったら、見ず知らずの女にプライベートの、しかも身内の恥をさらすような話をすることなど絶対にない。しかしセイラが見せる人懐こい、しかし絶妙に距離を保った笑顔を見ていると、なぜか話してもいい、いやむしろ、話を聞いて欲しいという思いが溢れてくるのだった―。

続きはこちら

★第4位
いい女の条件:最悪なバレンタイン。私が目指す「いい女」は彼から見ると間違いだった?

プロポーズの返事を先延ばしにしても、「最高にいい女」の言葉に恥じぬよう杏奈は必死に努力した。どんなに仕事が遅くても愚痴を言わず、彼の前では常に女性らしくしていたいと、見た目にも常に気を遣っていた。

…でも。

果たしてその努力は正しかったのだろうか?

続きはこちら

★第5位
私、港区女子になれない:結局男が選ぶのは、港区女子にあって高学歴女にない賢さ

―愛ってなんだろう。

1人で居るにはあまりに広すぎるリビングで、香奈はそんなことをぼんやりと考えている。男に愛されて生きるのが、女の幸せ。

ずっとそう信じて生きてきたが、「愛される」とはどういうことを言うのだろう。焦点の合わない目で部屋を見渡すと、遠く、ソファの上に鮮やかなピンク色のバーキンが置いたままになっているのが見えた。

続きはこちら

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo