バレンタインは、気軽にセクシーなディナーを。東京の夜景を一望できるレストランで、素敵な夜を過ごそう

「寒い寒い...」と連発したくなるほど空気の冷たい日が続く今日この頃だが、寒いのも悪いことばかりではない。空気が澄んで、その分夜景がもの凄く美しくなるので、夜景デートは盛り上がるだろう。

そんな東京の夜景を一望できるレストランで、素敵なバレンタインディナーはいかが? 2/14(火)限定でバレンタインデースイーツも登場し、シーズナルコースがバレンタイン仕様になるスタイリッシュレストランをご紹介しよう。

普段言えない感謝の気持ちを込めて、大切なパートナーをバレンタインディナーに招待してみよう。

東京の夜景を一望できるレストランで、素敵なバレンタインディナーを

世界各国から集めた厳選素材を使用し、和・洋・中の枠にとらわれず、さまざまな国籍の調理法を取り入れたエクレクティック・キュイジーヌを提供する『Legato(レガート)』。おまけにロマンティックな絶景夜景も楽しめる、デート最強のレストランなのだ。

好評のシーズナルコースメニューは、3800円/5800円の2種類のコスパ抜群価格でご用意。10種類以上の色鮮やかな旬野菜を楽しめるアンショワイヤードや、蟹の旨味たっぷりのパスタなどを味わうことができる。

2/14(火)には1日限定でコースメニューがバレンタイン仕様になる♪ 2017年のバレンタインデーを印象的な日にしたいのなら、大切な人を『Legato』のコースディナーに誘ってみて。

春の新コースから、気になるメニューをご紹介!

コース詳細:http://www.legato-tokyo.jp/course/

「フランス産鴨フォアグラのリンゴ見立て」

一口大のフォアグラテリーヌをリンゴのジュレでコーディング。焦がしバターに絡め、香ばしく仕上げ。

「南仏風 冬野菜の冷製バーニャカウダ “アンショワイヤード”」

10種類以上の色鮮やかな旬野菜をバーニャカウダソースで。美しい盛りつけと多種類の野菜が獲れる女性も喜ぶ一皿。

「ズワイガニと春菊のトマトソーススパゲッティ サフラン風味」

蟹づくしの贅沢なパスタ。渡蟹のソースとズワイ蟹のほぐし身をたっぷりとトッピング。春菊と菊の花をアクセントに。

「真鱈のベーコン巻き 黒トリュフの香るコンソメ仕立て」

真鱈をベーコンに包んでじっくり蒸しあげ。トリュフの香るコンソメのスープに絡めて召し上がれ。

「U.S.プライムビーフ ハラミのグリル キャラメルオニオンのピュレとそのジュのソース」

アメリカトップクラスの品質を誇るUSプライムビーフを、グリルで堪能。噛みしめる程に肉のうまみが口いっぱいに広がる。

「イチゴのシブーストとフロマージュブランのソルベ」

※2/14(火)のみバレンタイン限定のガトーショコラが登場

苺とベリーを贅沢に使用したデザート。フワッと軽いフロマージュブランのソルベにパリッとキャラメリゼし、ふんわりとろける苺のシブーストを甘酸っぱいベリーのソースに絡め、春の訪れを感じさせる一皿。

2月14日限定で登場するバレンタインデースイーツはこちら!

「限定ガトーショコラ」

『Legato』が贈るバレンタイン限定スイーツは、濃厚でしっとり美味しい、見た目も味わいも情熱的なガトーショコラ。

ハート形のチョコレートとソースがバレンタインの気分を盛り上げてくれる。

劇場型の内観が幻想的。定期的にピアノやヴァイオリンの生演奏も

大人のデートにぴったり! 夜景が一望できるバーラウンジ&レストラン

『Legato』のコンセプトは「劇場」。ゆったりとしたソファと木目調のテーブルがあたたかな雰囲気のダイニングで、世界各国の厳選素材を使用した料理を提供。

メインダイニングより高く設定されたキッチンステージでは、スタッフが次々と料理を仕上げる模様を鑑賞することができる。

バーからは「東京タワー」、「スカイツリー」まで東京の夜景を一望できる

夜景が望めるロマンティックなバーや、グループでのパーティーにぴったりな個室も用意。

また2月中旬にはグランドメニューもリニューアル予定! 自社熟成のドライエイジングビーフや渡り蟹のパスタ、 トリュフピザなどの人気メニューに加え、 シェフ渾身の個性豊かな料理をお値打ち価格で楽しむことができる。

ぜひこの機会に、細やかな気配りに満ちた個性豊かな料理を堪能して

『Legato』のシェフをご紹介

EXECUTIVE CHEF 鈴木 昌嗣

15歳で料理の世界に入り、2005年19歳の時に渡仏。フランスの一つ星レストラン『レ・ベアティーユ』での研修後、都内フレンチレストランにて地道な修行を経て、2008年に再渡仏。

フランス屈指の星付きレストラン『ステラマリス』、『ジェラール・ベッソン』や『ラ・ペルーズ』、『TOYO』ビストロなどで3年間の経験を積み帰国。

帰国後の2013年には、本場フランスにて10年連続でミシュランスターの獲得を誇る本格フレンチ 『KEISUKE MATSUSHIMA』の東京・原宿店である『レストランアイ(現ケイスケマツシマ)』のスーシェフに就任。2015年1月『レガート』のエグゼクティブシェフに就任。

CHEF 栗林 竜二

製菓専門学校を卒業後、都内のホテルで5年間の経験を経て、2013年に『レガート』へ。エグゼクティブシェフ・鈴木氏の右腕としてクラシックフレンチの基本を学ぶ。

パティシエ時代に培った独創性溢れる表現力で 、シンプルな中に繊細さを持ち合わせ、素材の美味しさを最大限に引き出した料理を提供することをモットーに、お客様にお喜びいただけるよう日々研究に取り組んでいる。

『Legato』内観写真

■店舗概要

店舗名:Legato(レガート)
住所:渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー 15F
アクセス:渋谷駅徒歩5分 神泉駅徒歩5分
電話番号:03-5784-2121
HP:http://www.legato-tokyo.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/legato_gd/

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo