女子が憧れるオシャレタウン「清澄白河」は家賃が高い…。その1駅隣の穴場エリアとは?

昨今、注目を集める東京の東側。

そのなかでも、流行りのサードウェーブコーヒーショップが立ち並び、盛り上がりを見せる清澄白河。

そんな人気エリアの隣に、注目を集めている街がある。そこは下町風情に溢れ、特に夜の飲み屋街が楽しいと評判。

”下町情緒”と聞くと少しとっつきづらいイメージもあるが、深く知ればあなたもその魅力にハマるかも…!?



東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!強烈な個性、圧倒的な満足度の「弩級な店」をご紹介!アプリのダウンロードはこちらから。

今月のエリア【門前仲町】


東西線と大江戸線が通り、大手町まで5分と都心へのアクセスも良好。

今月紹介する街は、門前仲町!

江東区にあり、永代橋の東に位置する水の多いエリア。町名では門前仲町、富岡、深川など。

地下鉄の1番出口を出た真横に「成田山 東京別院 深川不動堂」の鳥居がある。参道は通称「人情深川ご利益通り」と呼ばれており、菓子店やカフェが点在する


魅力 その1、地元民のライフプランの中心・深川祭り


門前仲町は、寺社仏閣の街であり、その中心が「富岡八幡宮」と「成田山 東京別院 深川不動堂」の存在だ。

江戸時代から、辰巳芸者と呼ばれる芸者衆がいたほど栄えた街であり、深川エリアは“粋”という言葉が生まれた街とも(諸説あり)。

そんな歴史ある街ゆえ、住民の地元愛は非常に高く、「この街を出る理由がない」と地元民は胸を張る。

そんな彼らの多くは、大の祭り好き。

「富岡八幡宮」で行われる江戸三大祭のひとつ「深川祭」があり、地元の人々は3年に一度の本祭に合わせて、ライフプランを立てるほど(今年が延期となり、次の本祭は2023年)。

それゆえ、地元のネットワークも強固で、「年配の方も元気なので、世代間の交流も活発です」という声も。

シェアハウスやジムなどが入るビル「HYPERMIX門前仲町」は屈指のお洒落建築。


魅力 その2、不動産としての将来性が期待できる立地


無論、地元民だけでなく、移住者にとってもこの街は魅力的。

数年前から隣接する清澄白河にカフェブームが訪れ、人気の街として急成長。東京駅にも近いため、丸の内OLからも熱い支持を受ける街の1つだ。

清澄白河の不動産価格が高くなったことで、隣の門仲にも注目が集まったという背景がある。

そもそも、東京駅3km圏内という好立地であり、明治小学校や越中島小学校など、越境で人気の学校も多数。

将来的には日本橋エリアの再開発などが検討されており、その恩恵に預かれる可能性もある。将来性の高さも注目される所以だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo