先週のアクセスランキング!1位は「慶應幼稚舎出身・年収3,000万の夫。凡女子が入れぬ“特別枠”を6歳で手にした妻」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“年収3,000万の夫”に“チヤホヤされたい東京妻”から“薔薇色のバツイチ”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
慶應幼稚舎出身・年収3,000万の夫。凡女子が入れぬ“特別枠”を6歳で手にした妻

典子の実家は九段下にある。初等科から高等科までを、通称三光町と呼ばれる聖心女子学院に通い、大学もそのまま聖心女子大学へ進学。苦労という言葉とは無縁の世界で育ってきた。

両親からの愛情をたっぷりと享受し、夫・祐一とは1年前に結婚。

続きはこちら

★第2位
港区おじさん主催のホームパーティー。それは、港区女子が湧き出る泉だが、港区女子のためのものではない

「毎週第二・第四木曜日はホームパーティーの日。いつの間にか、それが慣例となりました。」

肩幅が広く、日焼けした肌に白い麻素材のシャツがよく似合う賢治。六本木ヒルズレジデンス(B棟)に部屋を持ち、隔週で部屋を解放してはホームパーティーを開催している。

続きはこちら

★第3位
いくら夫に、無視され続けても。バリキャリ妻が諭す、不倫すべきではない3つの条件

紗弥香は、初めのうちは既婚者の身で食事会へ参加することも、そこで出会った男性とLINEを交換をすることにも、後ろめたさを感じていた。

だが、同時に夫への嫌悪感をどうにかしたいう強い気持ちが打ち勝ち、食事会へ参加してしまう。

続きはこちら

★第4位
バツイチ女に、決定的に欠けていた感情。これがない結婚は、互いを苦しめるだけ

「まさか、今さら後悔してるの?」

土曜の夜、あゆみは近所に住む女友達を呼び出して相談することにした。

桜井に会い、なんだか気持が沈んでいた土曜の午後、元夫からの再婚報告であゆみの気分はさらに落ち込んでいた。

続きはこちら

★第5位
「オトナ女子」を演じるのは、もう嫌だ。アラサー女を襲った、残酷な年齢の壁

一般的な価値観として、「女の全盛期」という期間は、年々長くなっている気がする。

「アラサー」という30歳前後の年齢は、もはや若いと言われることすらあるし、40代、50代でも嘘みたいに綺麗な女は、いくらでもいる。

続きはこちら

アラサー募集詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo