これ絶対美味しいやつ!見た目だけでもボルテージMAXなフルーツサンド発見!

なんて美しい断面!たっぷりの生クリームの間からゴロゴロと入った大ぶりフルーツがのぞく姿は、食べるのがもったいないほど!赤坂の『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』で提供されている「フルーツサンド」の美しさが尋常じゃないと話題になっている。

今回は、そんなフルーツサンドの誕生秘話と、同じく人気の「ホットケーキ」の美味しさをお届けしよう。

8切れが多い人には「フルーツサンド」(ハーフサイズ4切れ750円)がおすすめ。

老舗の味を継承!あの味にまた会える!

赤坂にあるホットケーキパーラー『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』は、2012年3月に惜しまれつつ閉店した老舗『万惣フルーツパーラー』の味を継承するお店である。

同店がオープンしたのは、2013年4月。幅広い世代に親しまれてきた『万惣フルーツパーラー』の味を、守り続けたいという想いから誕生したお店だ。

ここの二大名物が「フルーツサンド」と「ホットケーキ」。どちらも『万惣フルーツパーラー』仕込みの美味しさと美しさを兼ね備えた一品で、アノ味をもう一度食べたいと遠方からも多くの人が訪れるという。

「ホットケーキ(プレーン)」(650円)※1人前2枚 シロップ付き

二大名物には老舗ならではの誕生秘話が!

実は「フルーツサンド」が誕生したのは約20年前のこと。当時から人気メニューであった「ホットケーキ」のトッピングとしてフルーツクリームを考案。その余りのフルーツクリームをまかないとして、パンに挟んで食べていたのが「フルーツサンド」の始まりだという! 名物同士にこんな繋がりがあったとは、驚きだ。

『万惣フルーツパーラー』では、今よりもフルーツは薄く切られていたが、『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』開業時にもっとフルーツの食感を楽しめるようにと現在の形になったという。

動物性と植物性の生クリームをブレンドした、甘さひかえめのクリームに、ハワイ産パパイヤ、キウイ、イチゴ(紅ほっぺ※時季により異なる)、エクアドル産バナナが整然と並ぶ様子は、一度見たら忘れられない美しさだ。

ホットケーキが焼き上がるまでには10~15分ほどかかる

世代を超えて愛され続ける老舗の味

「フルーツサンド」を味わったなら、ぜひ「ホットケーキ」も食べてみて欲しい。どこか懐かしくホッとする優しい味わいが楽しめるだろう。

銅板で焼き上げるホットケーキは、その焼き目の美しさも特徴だ。上質な小麦、通常よりも多めに使用する卵など、生地の配合は万惣時代のものをそのまま継承している。また、自家製のシロップも独特な味わいで、ホットケーキの味をしっかりと引き立ててくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo