私、港区女子になれない Vol.2

高学歴って、女の人生に必要ですか?男の愛を利用して生きる、港区女子の主張

頑張った先に、幸せはあるの―?

慶應義塾大学卒業後、大手広告代理店に就職し、エリート街道をひた走る篠田涼子・29歳。欲しいものは、自分で手に入れてこそ意味がある。そう信じて努力を重ねてきた。

しかしある女との出会いをきっかけに、心に疑問が浮かぶようになる。自分で努力することなく男に頼り、男の愛を利用して生きる女、香奈。

仕事に邁進する高学歴女子と、男に頼る港区女子。

女として賢いのは、涼子か、香奈か。一体どっち?

涼子をざわつかせる、港区女子・香奈の実態とは…?


女は愛嬌さえあれば、生きていける。


「女にとって一番大切なのは、愛嬌よ。」

香奈は、そう教えられて育った。

香奈の母は元CA。偶然同じ飛行機に乗り合わせた、名古屋で代々医者を営む父に見初められたのだと、昔照れながら話してくれたのを覚えている。母は何不自由なくとても幸せそうで、男に愛される人生こそが女の幸せだ......


【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo