フォックス・アンブレラの男 Vol.9

アラサー既婚者のInstagramは幸せの押し売り?嫉妬が渦巻くSNSの世界

たかが、傘1本。されど、傘1本。

その傘に、男の哲学が宿る。

英国製の紳士淑女のための傘、フォックス・アンブレラ。英国王室御用達で約150年の伝統を持つ、細く巻け、開けている時も美しい、細身傘の代名詞だ。

そんなフォックス・アンブレラを愛する男、克典42歳。傘から垣間見える人間性と、そこで繰り広げられる人間模様。ミステリアスな克典を、傘を通じて様々な女性が振り返る。

これまでに、克典が昔恋をした年上のお姉さん梨香子、結婚願望がない克典に嫌気がさして別れた亜美、後輩の涼介を紹介した。今回の語り手は...


人との出会いは全てタイミング


克典さんと出会ったのは約半年前でした。32歳になった私は、仕事に生きるのか、結婚していわゆる一般的な幸せを手に入れるのかですごく悩んでいました。

仕事も頑張りたいけれど、忙しくなればなる程結婚から遠のいていく恐怖。仕事が増え、収入も上がって責任も重くなっていくのは嬉しい反面、その分恋愛する気は失せて行く一方で。

今から振り返れば、どちらも中途半端だったんですよね。でも自分の幸せがどこにあるのか分からず、どうすればいいのか一人で悶々と悩んでいました。

一人暮らしをしている方なら分かると思いますが、物凄く仕事を頑張って、疲れ果てて帰宅した時に誰もいない部屋の扉を開ける、あの寂しさと虚しさ。どれだけ仕事を頑張っても、誰も待っていてくれる人はいない。そこにあるのは冷たい部屋の空気。

仕事と恋愛、両方手に入れたい、と思うのは女のワガママなのかな...どちらも最高に幸せな結果を残したいと思いながらも、ただ焦る気持ちだけが先走り、空回りしていた時期でした。

そんな時に麻布十番の『月光浴』のカウンターで出会ったのが克典さんでした。そしてこの出会いが、私の人生の価値観を大きく変えてくれることになりました。

【フォックス・アンブレラの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo