ワセジョ・プライド Vol.5

「お金があれば、自分の気持ちに正直でいられる」ワセジョ社長、人生逆転劇の裏側

ワセジョ=可愛くない

そんなイメージは、もはや過去のものである。

近年のワセジョは「バンカラ」や「女性らしくない」というイメージを華麗に裏切るような、レベルの高い女性が多い。

しかし、一方で未だ「ワセジョ」感が隠しきれない女性は多い、と編集部内で話題になった。

その「ワセジョ」感は一体どこから出てくるのか?その実態に迫る。


<今週のワセジョ>

氏名:真菜
年齢:34歳
職業:PR会社勤務後、独立。
学部:法学部
年収:2,000万
住居:千駄ヶ谷のマンションに一人暮らし
家賃:11万円
出自:富山県出身。富山の公立高校から一般入試。
ステータス:独身、彼氏なし

PR会社経営。やり手の女社長・真菜34歳。


「ワセジョって年齢でもないけど、私でいいの?」

可憐な見た目にそぐわず豪快に笑う彼女は、今年34歳。早稲田大学法学部を卒業後、PR会社に就職。その後独立し、現在は自身で会社を経営している。

ピンクベージュで染められた髪は綺麗に巻かれており、ネイルはこの年齢では少し躊躇するような、可愛らしい桜色。34歳という実年齢より大分若く見えるが、PRという職業柄だろうか。

現在、年収は2,000万円程だと言う。何不自由ない暮らしをしているが、苦労人の彼女には現在の様子からは窺い知れぬ過去があった。

「で?何を話せばいいんだっけ?」

そう言って、にこりと笑みを浮かべた。

【ワセジョ・プライド】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo