東京社員グルメ Vol.9

東京社員グルメ:聖夜に行きたい!『三菱地所』グループ社員イチオシの丸の内グルメ5選

人気の連載第9回目の今回は、今や東京屈指のグルメエリアへと変貌を遂げた丸の内からお届け。

おすすめレストランを紹介してくれるのは、丸の内一帯の開発を手掛ける『三菱地所』グループの社員だ。といっても、広告ではなくビジネス抜き。普段本当にプライベートで足を運んでいる名店リストは要チェック!

淡路島の和牛を100%使用したハンバーグは人気のメニュー

イルミネーションを臨む特等席! この時期、特に訪れたくなる『カフェ ガーブ』

今回のナビゲート役には、『三菱地所プロパティマネジメント』で商業店舗の販促を担当する町田知佳子さんが登場。笑顔が眩しい、入社3年目のさわやか系女子だ。

「この一帯は飲食店舗だけでも300軒以上もあり、最初は覚えるのに苦労しました。未だに部署で一番年下なので、いつも幹事役を任されていますが、店選びもすっかり慣れましたね(笑)」となんとも頼もしい言葉が。

「プライベートでは他の街へ行こうと思いつつ、友人に『いい店教えて』といわれると、やっぱり丸の内に来ちゃう」と笑顔の町田さん

界隈に精通する町田さんに、宣伝なしでとお願いしつつ、おすすめを聞くと…「なんといっても、この時期の丸の内はイルミネーション!『丸の内ブリックスクエア』にある『一号館広場』もきれいですし、光輝く丸の内仲通りを見ながらくつろげるテラス席もおすすめですよ」と即答!

中でも「目の前にイルミネーションが見えますし、内装もおしゃれ。女子的にはテンションアップです(笑)! 」とイチオシしてくれたのがここ『CAFÉ GARB 丸の内店』。

「実は学生時代に、少し背伸びして食事をしに来たことがあって。まさかその後、このエリアに勤務するとは思いもしませんでしたが、やっぱり思い入れがありますね」。

17食限定なので、12時前に売り切れていることも!

お気に入りは、毎日争奪戦のハンバーグ! たっぷりの旬野菜も楽しみ

この店の名物的存在が、17食限定のランチメニュー「ハンバーグランチ」1,200円。正午前には売り切れることも多いという、争奪戦必至の逸品だ。

国内でも有数の牛の産地・淡路島の牛肉を100%使用し、シンプルに味付け。旨みたっぷりの肉汁がじゅわっとあふれ出す。町田さんももちろん、このハンバーグのファンなのだとか。

「ランチで来るときの定番がこのハンバーグ。でも実は、ここのサラダランチも好きなんです。サラダといえど、キッシュやパンが付いてボリュームがあり、野菜が美味しいんですよ」と語る。

旬の野菜を盛り込む「野菜のココット蒸し」。温泉水で調理することで味がまろやかになり、火入れ時間が短くて済むため食感もよくなるそう

旬の野菜をふんだんに盛り込んだメニューも店のウリのひとつで、女性に人気なのも頷ける。

彩りも豊かな「野菜のココット蒸し」1,620円は、10種ほどの有機野菜に温泉水と少量のオリーブオイルを加え、鉄鍋で蒸しあげたディナータイムのひと品。野菜の力強い味わいをストレートに楽しめる。

「真鱈とポテトのアヒージョ」950円、「バゲット」270円。香ばしい熱々のガーリックオイルが食欲をそそる。ワインと相性抜群!

通し営業ゆえ、時間帯によってさまざまな使い方ができるのもこの店のよさ。だがこの時期は、町田さんのおすすめ通り、きらめくイルミネーションを眺めながら、特別なひとときを過ごしてみてはどうだろう。

【東京社員グルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo