東京から約1時間半!“空を歩く気分”が味わえる日本最長の吊り橋効果で、2人は強制的に急接近!

12/14(水)に1周年を迎えた「箱根西麓・三島大吊橋」。「三島で、まるで空を歩いているような感覚を味わえる」という意味から“三島スカイウォーク”という愛称で呼ばれる、全長400mの歩行者専用としては日本一長い吊り橋だ。

空気が澄んだ冬は、富士山、駿河湾をはっきりときれいに望むことができ、“日本一”を楽しむのに絶好の季節! さらに、吊り橋周辺には冬ならでは楽しみが満載で、冬休みに一度は行っておきたい話題のスポットなのだ。

東京から約1時間半。冬休みの観光先に悩んでいるという人は、三島スカイウォークへ行ってみない?

この時期、三島スカイウォークから眺める夕日は絶景そのもの


日本一の吊り橋周遊で、絶景からグルメまで心行くまで満喫しよう!

箱根の西側である、”箱根西麓”を多くの人に知ってもらおうと1年前にオープンした日本一長い人道吊り橋「箱根西麓・三島大吊橋」。

日本一の吊り橋を楽しむなら、実は冬が一番おすすめなのだ! 気温の低下により空気が冷たく乾燥し、水蒸気が少なくなるこのシーズン。さらに、偏西風により空気中のチリなどが少なくなるため、きれいに澄んだ青空が広がる。

三島スカイウォークからは、真っ青な空に、雪化粧して1年で最も美しいと言われる富士山を望む。さらに、日本一深い駿河湾だからこそ見ることができる、海の青さをはっきりと眺めてみよう。

スカイウォークから望む”駿河湾”は、まさに一見の価値あり!

てっぺんに冠している雪の白さが、青空と見事なコントラストをみせる。
一年中で、一番美しい富士山をゆっくりと眺めることができる幸せを、大切な人とかみしめたい。

旬のイチゴが食べ放題

冬グルメ、温泉…、箱根西麓の恵みを堪能!

三島スカイウォークから三島駅方面に車で7分の所にある『伊豆フルーツパーク』。2017年1月から「紅ほっぺ」や「章姫」などのいちご狩りを楽しむことができる。

糖度が高く程よい酸味とさっぱりした食味の「紅ほっぺ」、酸味が少なくその分甘さが強い「章姫」など、旬のいちごが食べ放題♪ いちご好きは、きっと小躍りしたくなるようなシチュエーション。要チェックだ!

貸切個室露天風呂で気分さっぱり、あぁ幸せ♪

さらに、箱根湯本駅から無料送迎バスが出ている、日帰り温泉『箱根湯寮』では、貸切個室露天風呂で贅沢に箱根の温泉を満喫!

ストレスや、仕事で気づかずたまっている蓄積疲労も、見事に解消してくれる!もちろん美肌にだって好影響。

冷えた身体を内側から温めるには、やっぱり最強!それは、鍋!

「冬の鍋フェア」が開催されており、河豚鍋、水炊きなど5種類の鍋で体の内側から温まることもできるのだ。

『伊豆フルーツパーク』でいちごを存分に堪能し、三島スカイウォークで絶景を眺め、冷えた身体を『箱根湯寮』で温める…、そんな最高のプランは冬だからこそ!

■施設概要まとめ

■『箱根西麓・三島大吊橋』(三島スカイウォーク)

住所:静岡県三島市笹原新田313
電話:055-972-0084
アクセス:
【車で】
東名高速道路 厚木I.C.より 約60分
東名高速道路 沼津I.C.より 約15分
新東名高速道路 長泉沼津I.C.より 約15分
修善寺道路 修善寺I.C.より 約30分
箱根新道 箱根峠I.C.より 約10分
詳細はこちら
【公共交通機関で】
JR三島駅よりタクシーで約20分
JR三島駅よりバスで約25分
(三島駅南口5番バス乗り場より東海バスに乗車、「箱根西麓・三島大吊橋」下車すぐ。)
詳細はこちら
公式HP:http://mishima-skywalk.jp/

『伊豆フルーツパーク』の外観全景


■『伊豆フルーツパーク』

住所:静岡県塚原新田181-1
電話:055-971-1151
時間:8:30~19:30
URL:http://izupa.orepa.jp/

『箱根湯寮』の外観


■『箱根湯寮』

住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔ノ澤4
電話:0460-85-8411
時間:10:00~21:00
※最終入場20:00、土休日22:00まで
大浴場 大人1,400円
貸切個室露天風呂60分 3,900円~
URL:http://www.hakoneyuryo.jp/

アラサー募集詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo