あの崎陽軒のシウマイを蒸したてで!生ビールが進む『シウマイBAR』誕生!

「シウマイ全種盛り合わせ」(6個/800円)などリーズナブルな品揃え。

あのシウマイ弁当で根強い人気の『崎陽軒』。冷めていても美味しいそのシウマイを、蒸したてをお店で頂けたらどれだけ美味しいのだろう。そんな夢のような崎陽軒の店舗が『シウマイBAR』として誕生!

創業108周年を迎える横濱の『崎陽軒』がバルという新たな形態で2016年11月22日に東京駅八重洲地下に初出店!蒸したてで、人気のシウマイ6種を食べ比べできるうえ、「シウマイ弁当」の名脇役まで堪能できる新店の魅力をお伝えしよう。

ご存じの通り「生ビール」(ジョッキ550円、グラス450円)との相性も抜群!

弁当でも美味しいシウマイは、蒸したてだとべらぼうに旨い!

崎陽軒といえば、昭和3年に発売を開始した「昔ながらのシウマイ」や、旅や出張のお供に最適の「シウマイ弁当」が有名だ。そんな崎陽軒が東京駅出店に際し、打ち出したのが気軽に崎陽軒の味を楽しめるバルスタイル。

そんな『シウマイBAR(バル)』を訪れたなら、頼んでおきたい品がある。それが「シウマイ全種盛り合わせ(6種)」だ。

1つ目におすすめの「昔ながらのシウマイ」。

「シウマイ全種盛り合わせ」の内容は、「昔ながらのシウマイ」、「かにシウマイ」、「黒豚シウマイ」、「特製シウマイ」、「えびシウマイ」、「季節のシウマイ」の全6種。

崎陽軒のシウマイが食べられるレストランは横浜市などに数店舗あるが、このような食べ比べスタイルが楽しめるのは『シウマイBAR』だけである!

店内で蒸し上げられ、いつでも蒸したてを味わえる。

えび、黒豚、季節の味…気に入ったら追加オーダー!

まずは、豚肉と干帆立貝柱の豊かな風味が特徴の冷めても美味しい「昔ながらのシウマイ」をご賞味あれ。これが全てのシウマイ美味しさのベースとなっている。2つ目は「特製シウマイ」がいいだろう。こちらは「昔ながらのシウマイ」よりも多くの干帆立貝柱を使用することで、より深い味わいとなっている。

続いてはお好みで、粗挽きされた黒豚の旨みが特徴の「黒豚シウマイ」、プリッとした海老の食感が堪らない「えびシウマイ」などと味わっていこう。「季節のシウマイ」は時期により内容が異なるが、この日は「きのこのシウマイ」を提供。マイタケ、椎茸、ブナシメジ、エリンギの4種類が入っており、1粒でいろいろな食感と風味を楽しめる。

もしも6個では物足りないなと感じたら、気に入ったシウマイを追加オーダーしよう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo