今年の“うにブーム”の決定版!うにづくしで飲み放題付き4,000円コースが凄すぎる!

「うに酒場オープンコース」(1人前4,000円 ※飲み放題付)

うに刺し、うにしゃぶ、うにすき焼き、こんなにうにづくしなのにコスパ抜群のコースを発見! うに好きなメンバーが揃ったら、忘年会でもうにづくしはいかがだろうか?

このコースが頂けるのは下北沢に2016年8月オープンした『うに酒場 下北』だ。4,000円で飲み放題付きで、とにかくお得。

最初から最後までうに尽くしで、うに好きなあなたを満足させてくれること間違いなしの「うに酒場オープンコース」の全貌を紹介しよう。

(写真左)北海道産バフンウニはミョウバン未使用(写真右)青森県産バフンウニはミョウバンを使用。※うにの産地や品種は日により異なる

まずは素材の旨みをそのまま!うに2種食べ比べ

『うに酒場』という名前の通り、同店の料理はとにかくうに尽くし。名物は濃厚なうにスープに鮮魚を絡めて食べる「うにのしゃぶしゃぶ」。そんな名物ももちろん味わえる「うに酒場オープンコース」を紹介しよう。

まず登場するのは「うにの食べ比べ2種」だ。独自ルートで仕入れる北海道産うにを使用。殻の上にのせられて提供されるのが北海道産バフンウニ。こちらはミョウバンを使用していないため、うに本来の美味しさを味わうことができる。

皿に盛りつけられているのは青森県産のバフンウニ。九州の甘口醤油やレモン酢と塩など好みの味付けで楽しもう。

2品目に提供される「前菜三種盛り合わせ」もうに尽くし。

前菜も魚卵が踊る!うにに自家製いくらまで

続いては「前菜三種盛り合わせ」。前菜の内容は時期により異なるが、この日は「う巻き」、「焼き野菜の柚子マリネ~自家製いくら添え」、「うにのポテトサラダ」の三種を用意いただいた。

「う巻き」は、通常うなぎの蒲焼きを芯にした卵焼きを指すが、同店ではうにを使用しただし巻き卵の名である。単品メニューでも提供されており、人気も高い。「うにのポテトサラダ」は、うにをペースト状にして和えた贅沢な一品。どの前菜を食べても必ず魚卵に出会えるのは嬉しい限り。

野菜もたくさん食べて欲しいという想いから「18種類の欲張りサラダ」を提供。

サラダと鮮魚フライを食べつつ鍋を待つ!

3品目は「18種類の欲張りサラダ」、4品目は「鮮魚のフライ」と続く。

サラダには、クリーミーで甘めに仕上げられた自家製のゴマドレッシングをかけて召し上がれ。

コースのなかでうにが使用されていないのはサラダのみであるというから驚きだ。

たっぷりとかかるタルタルソースは、卵とうにの濃厚な甘みが楽しめる。

刺身でも食べられる新鮮な魚を日替わりで使用しており、この日はサワラ使用。

フライの上には、うに、卵、マヨネーズ、玉ねぎなどをミキサーで混ぜて作られる、自家製うにのタルタルソースがたっぷりとかかる!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo