東京プレイリスト Vol.4

東京プレイリスト:キレイになった昔の恋人が、今目の前に!The Chainsmokersの “Closer”にのせて。

音楽はいつだって、私たちの人生を彩る舞台装置だ。

思い出がフラッシュバックする、懐かしのメロディ。
まるで自分の歌のように、心に突き刺す歌詞。

誰にだってそんな経験、きっとあるはず。

例えば普段聞き慣れた音楽たちを基に、東京の恋愛模様のワンシーンを切り取ってみたら…

これはいわば、「読む」音楽。

物語の主人公は、東カレなライフスタイルを送る、他ならぬあなた自身かもしれません。

we ain’t ever getting older
若き日の思い出は、輝き続ける

今日、夢が叶った。

夢が叶う瞬間を実感するのは、人生でそうそう起きることじゃないと思うから、存分にこの時間を堪能しようと思う。

音楽プロデューサーを志して、単身アメリカの地を踏んだのがもう10年前。

当時自分自身と約束した事。
絶対に有名になって、この街に帰ってくる。

あれから10年。
今日俺は、ニューヨークのライブハウスに招待され、自分の音楽でニューヨーカーたちの夜に華を添えたのだ。

夢や目的がない者はいる価値がない。
それが、ニューヨーク。

この街の怖さを知っているからこそ、戻ってくるのは勇気が必要だった。

でも今は、この瞬間を味わうために残しておいたとっておきのご褒美と思えるくらいに、幸せだ。


「welcome back!」

旧友たちが俺の凱旋を祝って集まってくれた。
成功したやつ、踏ん張るやつ、戻ってきたやつ、色々いた。

一期一会。 –treasure every encounter-
人の出入りが激しいニューヨークは、この言葉が本当によく似合う。

now you’re looking pretty in a hotel bar
あの頃よりもキレイになった彼女が、今

すっかりほろ酔いの俺は、ホテルの部屋に戻っても興奮が冷め止まない。

束の間のアメリカン・ドリームにもう少しだけ浸りたくて、滞在しているホテルの最上階のバーへ向かい、カウンターに腰をおろした。

目の前の光景に、俺は言葉を失う。

4年前、中目黒で一緒に暮らしていた彼女が、忘れられない彼女が、向かいのカウンターに座っていた。

【東京プレイリスト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo