港区女子の原点 Vol.3

港区女子の原点:得意顔でサロンを主宰しても、芝在住では入れない港区Sクラスの輪

港区女子。

彼女たちが、得体の知れない存在であることは、東カレ読者であれば気づいている。

華やかで、顔が広く、有名人とのコネクションも豊富。夜な夜な西麻布界隈に繰り出し、そこまで稼げる仕事をしているようには見えないが、なぜか煌びやかな生活を送っている印象が強い。

遊び場同様、住まいも港区。麻布、六本木、広尾、白金、そして芝。とても年収500万円で住めるようなエリアではない。

ベールに包まれたその生態を解明すると共に、彼女たちは“なぜ港区女子になった”のか、その原点を紹介する。

これまでに、彼氏の力で港区カースト制度をのし上がっていった元・売れないグラビアアイドルの美希、育ちのコンプレックスから港区女子になった春香を紹介した。今週は?


<今週の港区女子>

名前:百合
年齢:29歳
職業:トータルビューティーサロン主宰
年収:300万円
出身:岐阜県
現在の住まい:芝

◯◯サロン主宰・プロデューサーと名乗りたがる女子


「現在は、芝の家で美と健康に関するサロンを開いています。」

開口一番に、そう意気揚々と話す百合は、現在ブログやFacebook、Instagramなどを駆使して顧客となる“生徒さん”集めに奔走している。

「以前は洋服の販売員をしていたのですが、やりがいを感じられなくて。そこで独立して、サロンを開こうと決意したんです。一からの起業準備は大変でしたが、将来のために今が頑張り時だと思ってます。」

そこから百合の起業話、サロンの話は永遠に続いた。一見、SNSだけ見ていれば眩い女性に見えるだろう。しかし、百合の実態は全く異なる。

元々、注目されること、そして派手なことが好きだった百合は販売員だけでは生活できず、西麻布で出会った16歳年上の経営者・譲治から援助を受けている。

そしてその彼のお陰で、現在サロンを主宰している。

【港区女子の原点】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ