秋の味覚狩りを銀座で!デートにも接待にも喜ばれる絶品和食を発見!

  • 高級食材であるすっぽんを贅沢に使用したスープ。クリーミーな泡で覆われた見た目に驚くが、食べてみれば、まごうことなき和の料理だ

  • 紅葉の山里を思わせる前菜のあしらいに目を奪われる。手前左は紅芯大根にくるまれた自家製の唐墨。ほどよい塩加減に仕上げられ、日本酒が進む

  • 赤パプリカの風味を生かしたソルベ状の醤油ジュレを仙台牛のタタキに乗せて。無花果、金針菜、丹波栗の塩蒸しが添えられる

  • 「生うに握り」1,200円(1貫)。上には塩とともに中国・四川省の山椒と、自家製山椒オイルが。鼻に抜ける香りが、濃厚なウニと相性抜群だ

  • 杉と檜を多用した美しい内装。カウンターエリアと奥のテーブル・個室エリアはそれぞれトイレが分けられるなど、食事中の雰囲気を邪魔しない工夫が随所に

  • 左の3種が「Q[ku]」。絞り方の違い(袋吊り、オリ引き、薮田絞り)で飲み比べができるというマニアックさが、日本酒好きにはうれしい限り

もどる
すすむ

1/7

もどる
すすむ

この記事へのコメント

Pencilコメントする

コメントはまだありません。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo