小宮山雄飛の“英世”なる食卓 Vol.29

魅惑の炭水化物Wセット!都内最強の『ラーメン&チャーハン』セットはこれだ!

curated by
小宮山 雄飛

お腹も満たせて、心も大満足…そんな究極の男メシといえば『ラーメン&チャーハン』セット。この魅惑の炭水化物Wセットのおすすめを、食通のアーティスト、小宮山雄飛さんに教えてもらった!

中華そば&ヤキメシ1/2¥1,000

『末廣ラーメン本舗 高田馬場分店』の中華そば&ヤキメシ1/2

ラーメン激戦区の高田馬場駅周辺から少し歩くと辿りつくラーメン店がこちら。

「学生時代にピアノを習っていた頃に通った馴染みのお店です。カレーやラーメンが多い街なので、たまに立ち寄るんですが、今でもこの黒いラーメンとチャーハンを目的に訪れますね」

こちらの店は〝京都ブラック〞の名称で親しまれ、黒いラーメン&チャーハンの元祖ともいわれる、昭和13年に開業した京都駅前の屋台中華そば『新福菜館』で修業した店主が独立。改良を重ねて秋田で『末廣ラーメン本舗』として開業したのがルーツ。

ラーメンは食べずヤキメシだけのために来店するというファンも多い。ヤキメシ黄身のせ¥610

ラーメン、チャーハンともに、この黒さが特徴的! この黒さの秘密は濃いたまり醤油。ラーメンのスープは、鶏ガラ×豚骨ベースながら意外にあっさりとしている。また、アツアツのスープが中太麺によく絡む!

「がっつり食べるぞ! という気分のときに伺うのですが、見た目のインパクトとは裏腹に脂っこくなく、薄めにカットされたチャーシューはあっさり上品。スープがいつまでも熱々なのもうれしいですね。麺もごはんも両方っていう、炭水化物に溺れられる悦びがたまらない!コショウをたっぷりヤキメシにかけて、盛り放題のネギをたっぷり入れるのがマイ定番。こちらの店舗だけ、麺の大盛り、特大盛りも追加料金なしでサービス。学生や腹ペコ男子の聖地ですね」

お腹をすかせて行きたい、老舗の味だ。

強火でパラパラに仕上げるヤキメシは、たまり醤油を入れると真っ黒に

昔懐かしいラーメン屋らしい暖簾が目印

【小宮山雄飛の“英世”なる食卓】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ