先週のアクセスランキング!1位は「『年収1,000万円以上希望』と言う女性とは絶対結婚しないSクラス男子の価値観」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“絶対結婚しないSクラス男子の価値観”に“休日でバレる二流の末路”から“代々木上原の女”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「年収1,000万円以上希望」と言う女性とは絶対結婚しないSクラス男子の価値観

和宏は幼少時代をアメリカで過ごした帰国子女だ。メーカーに勤める父の仕事の関係でたまたまアメリカにいたが、特段裕福でもない。ごく一般的な家庭で育った。しかし大人になり、その語学力が買われて国際弁護士の道へ。今では年収2,000万円を超える。

しかし、社会人になり年収が上がるにつれて女性不信になり始めた。

続きはこちら

★第2位
新・東京婚活事情:金と男には困らない。30歳美人女医、バツイチ。向かうところ敵ナシ

結婚は、「しなければならないもの」。当時の私は、本気でそう思っていたんです。

「正しい」と信じて結んだ結婚という契約は、実は、何の意味もないものでした。自分の選択が「間違い」だったと受け入れるのは、もしかしたら、医学部入試より、ずっと難しかったかも知れません。

続きはこちら

★第3位
休日でバレる二流の末路!“残業がかっこいい”と思っている人は、仕事も人生も二流!

オフタイムや週末の過ごし方も一事が万事で、仕事がデキるかどうかの「仕事のIQ」は、オフの時間の使い方ひとつにもにじみ出てしまうものだ。

では、いったい「一流と二流の人の週末の過ごし方」は何が違うのか。たかが休み方ひとつで、「二流の人のどんな恥ずかしい欠点」がバレてしまうのか。「二流の人の末路」とあわせて、早速、紹介しよう。

続きはこちら

★第4位
結婚ゴールの真実:小遣いより高い保険料と毎月増えるルブタン...ポンコツ嫁に怯える夫

松田は、去年の秋に結婚した。 相手は同じ弁護士事務所の秘書だ。事務所の秘書は基本的に、弁護士の嫁になり得る素養を持った女が採用される。(少なくとも、吾郎の事務所では、そうなのだ)

しかし、「素養」と「適性」は、全く違う。採用試験の際に、「適性」まで見抜けるほど、人事部は有能ではないと、吾郎は思っていた。

続きはこちら

★第5位
代々木上原の女:結婚式準備で「何でもいいよ」を連発する男。そこに愛はあるのか?

婚約者である太一との入籍は、半年後の太一の誕生日に設定した。入籍前に同棲を始め、結婚式の準備を始める予定だ。 新生活の場所は、太一が生まれ育った荻窪に決めた。

駅から徒歩10分ほどのところにある1LDKの新築マンションが2人の新しい住まいだ。16万円の家賃は太一が全て払ってくれることになっている。

―今日からここが私の家か。

続きはこちら


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ