• PR
  • 美人探偵・貴崎桜子の事件簿 Vol.2

    美人探偵・貴崎桜子の事件簿:手強い相手ほど燃える?!ドS美女の、スマホ画面に浮かぶ謎とは?

    これは、美人探偵・貴崎桜子と一緒に貴方が主人公となり、謎を解きながら読み進めていく物語。
    物語に出てくる謎を解いて、回答欄に正しい解除コードを入力すれば、次のページへ進めます!


    <これまでのあらすじ>
    私が想いを寄せている、謎の美女・桜子。前回のデートの最中、行きつけのレストランで店が大切にしている最高級ワイングラスが全て盗まれるという怪事件に遭遇した。私は、犯人が残したと思われる謎を解いて、桜子と一緒にワイングラスの在りかを見事突き止めることに成功した。

    だが、ワイングラスが隠されていた場所で「1007」とのメッセージが書かれた紙を拾うも、その謎はまだ解けないまま……。

    謎解きに巻き込まれて、不完全燃焼のままその日のデートは終わった。

    今日も彼女からの連絡を待つが……?

    第1話:事件はデート中に起こる。消えたワイングラスの謎を追え!

    彼女からの突然の呼びだし、その思惑は・・・?


    金曜日15時。カフェでの打ち合わせを終え、そのまま一人で資料をまとめているとパソコンの横に置いていたスマホが震えた。

    ディスプレイには「桜子」と表示されている。その文字を見るだけで、私のテンションは少しだけ上がる。


    「今銀座にいるんだけどちょっと来ない?」

    スマホ越しに聞く彼女の声も、やはりセクシーだ。

    「これから?そうだなあ、今丸の内だから、30分後だったら大丈夫だよ。」

    急遽彼女と会うことになり、仕事をこなすスピードは2倍になった。彼女からの誘いを断れる男は、そうそういないはずだ。



    15時30分。桜子から指定されたカフェに入るが、彼女の姿は見あたらない。案内されたテーブルに行き、コーヒーを頼む。彼女が現れるのを心待ちにしながらコーヒーを半分ほど飲み終えた頃、やっと彼女が現れた。

    「あら、意外と早かったのね。」

    呼びだしておきながら、涼しい顔して彼女は言う。


    聞き慣れない名前のハーブティーを頼むと、メニューをぱたりと閉じてすぐにスマホを取り出し、今度はそれを熱心に見始めた。

    スマホを弄る細い指、白く透き通る絹のような肌、頬に思わせぶりな影を作る長いまつ毛……。美女というのは、そこにいるだけでこちらを楽しませてくれる。

    その様に見とれているとふいに彼女が顔を上げ、予期せず目が合ってしまい慌てて目をそらす。ダサいことをしてしまった。

    「ねえこれ、好きでよく見てるサイトなんだけど。」

    言うのと同時に、スマホ画面を目の前に出された。その瞬間、ふわりと柔らかな香りに鼻先をくすぐられる。

    「あ、このサイト、ワインの事が色々書いてあるからあなたも読んだ方がいいわよ。でね、ここが気になったんだけど……。」

    香りに気を取られてしまったが、気を引き締めてスマホ画面に集中!
    それは「ワインすき!」というサイト内の、読者が書き込める掲示板だった。

    そこに書かれた文字を、彼女はいつものセクシーな声で読み上げた。

    私は絶対音感なんて持ち合わせていないが、彼女の声には多分に半音が混ざっており、それがセクシーさに繋がっているのではないかと分析している。

    「この謎を解いて10/7にこのバルへ向かえ。

    Diary Blog

    3つの窓をのぞいて読め……。」


    難易度★★☆☆☆

    何、また謎かい……?
    桜子は、子供のように目を輝かせて私を見つめてくる。

    「謎を解いて、今夜この場所に行かなきゃ!前回の謎解きで、要領は掴んだでしょ。さあ、考えてみて?」

    なるほど、今夜呼ばれた理由はそれだったんだね。

    謎が解けたら下の回答欄に正しい解除コードを入力し、解除!ボタンを押そう!
    正解すれば、次のページへ進むリンクが表示される!

    どうしても謎が解けないときは、ヒントを確認しよう!ヒントはこちら


    答えは10月29日(土)にtwitterで公開するので、フォローしてね!

    ディアブロ_2話目PC

    【美人探偵・貴崎桜子の事件簿】の記事一覧

    もどる
    すすむ

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ