アラフォー・ファンタジー Vol.3

アラフォー・ファンタジー:恋多きIT系企業の美人広報が語る「40歳が男の節目」論とは?

「男は40代からが勝負」

精神的、また経済的にも豊かになる40代。血気盛んな40代はまだまだ多く、その余裕ある姿に憧れ、その男性が未婚か既婚かに関わらず、恋に落ちる女性もまた数多い。

しかし、憧れのまま恋に落ち結ばれるときもあれば、40代というその年齢の実態を知り、その魅力は幻想だと考える女性もいる。

「40代からの魅力」は真実なのか幻想なのか?前回は、大企業の部長大輔の真正面からのアプローチで実った恋について話を聞いた。今回登場するのは…?


IT系コンサルティング会社広報が語る「アラフォー論」とは?


「“アラフォー”と一括りに言っても、40歳手前の男性と40代になってからでは全く違う。」

そんな話をしてくれたのは、IT系コンサルティング会社で広報を勤める優子、30歳だ。今どき珍しいほどの美しい黒髪で、卵のような白い肌に淡いピンクのニットが上品に似合っている。黒目がちな目とおっとりとした口調が印象的だ。

彼女には“ジジ殺し”の異名がある。付き合う男性は年上がほとんどで、50代の男性と付き合ったことも何度かあるらしい。

そんな彼女曰く、同じ“アラフォー”と言っても40歳を超えるか超えないかで大きな差があるらしい。

彼女にそう思わせた存在は、同じ業界に勤める裕二という男の存在だった。

裕二は同業界だが彼女とは別会社で働いており、コンサルタントとしてはそれなりの地位を築いていたようだ。共通の友人や同僚を介して、何度か飲むうちに2人でも会うようになった。

彼は、仕事では冷徹な一面を見せるが、プライベートでは人の懐に入り込むような愛嬌のあるタイプ。当時の年齢は38歳。女性の存在は見え隠れしていたが、結婚歴はない。

40代に差し掛かると見られるような「初老」の影もなく、男性としての純粋さや可愛らしさを残していた裕二。そして同時に、彼にはまだズルさもあり、優子はその彼のズルさに大きく振り回されることになる。

【アラフォー・ファンタジー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ