本日「餃子フェス」開幕!仕事帰りは、全国の人気餃子とビールで決まり!

お洒落な餃子専門店や餃子バルが続々とオープンするなど、近年、巻き起こっている餃子ブーム。"餃子女子"なる言葉も生まれ、東カレでもたびたび餃子の話題を取り上げてきた。

そんな餃子にスポットを当てまくったイベント「餃子フェス」が、本日10/12(水)~10/16(日)まで5日間限定で開催される!

こちらは前回、福岡で開催された「餃子フェス」の模様。たくさんの餃子ファンがつめかけ大盛り上がり!

ここには、あなたの餃子概念をくつがえす餃子たちが大集結する!

餃子と言えば「焼き」と「水」くらいでしょ?と思っている人は、このバリエーションを目の当たりにして、圧倒されるだろう。王道餃子はもちろん、思わずSNSにアップしたくなる見た目も味もインパクトある最新餃子まで、餃子の勢いを現場でぜひとも感じてもらいたい!

そう、今こそ餃子の可能性をその口で感じまくるのだ!

東カレにも登場した阿佐ヶ谷の『WASH1N TOKYO』も出店。青空の下で小粋に餃子を愉しむべし!

新しい魅力"最強のシェアめし"を発信!

イベントでは、都内のみならず、全国から人気の餃子が登場!餃子ラバーも初めて出会う、満足の一皿が見つかるはずだ。

各店舗のメインメニューは600円、食券1枚で好きな餃子を1皿食べられる。1粒ずつ取り分けられる餃子は、仕事帰り、友達同志でワイワイ出掛けて、シェアしながら食べ歩くのにもぴったりだ! きっと食べ進めるにつけ、乾杯の数も増え、仲間との絆も深まっていくだろう。

今回の参加店舗を一部ご紹介!

カリッという音が聞こえてきそう!『肉玉そばおとど』と『酔っ手羽』のコラボ餃子。こだわりの皮で包まれたこれぞ王道の焼き餃子。

新宿『鉄板餃子酒場 ちびすけバル』からは、ブルーチーズソースがやみつきになるイタリアンと餃子が融合されたリピーター率No.1の水餃子。チーズと餃子のマリアージュを堪能しよう。

新宿『一口餃子酒場BLG』からは、得意のパリパリな焼き餃子。お酒のつまみにももってこい♪

一見すると餃子に見えない!?まるで手羽先!『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場』の名物手羽餃子!"肉汁注意"だ。

川崎や名古屋で展開中の『THE GYO』の焼き餃子。なんと、餃子といえばの材料、ニラやニンニクを一切使用しないシンプルな一品。

京都の『福吉』も登場!関西では女性に超人気の新店で名店。東京に居ながらにして、遠方の餃子を味わえるのも「餃子フェス」の醍醐味。

恵比寿の小籠包の名店による仙台の新コンセプト店舗『鼎's(ディンズ)by JINDINROU』。超薄皮で包んだコラーゲンたっぷりの豊潤スープと豚肉の餡は絶品!

『芦屋伊東屋』の餃子の餡は、あっさり上品な味と黒胡椒がアクセント!

『和風居酒屋 森』からは、「天下統一家康ぎょうざ」も登場!徳川家康が愛し、戦場へと持参し勝利へと導いた八丁味噌と愛知県産の豚肉がコラボした地産地消餃子!

餃子といえば宇都宮!凍る一歩手前の低温で一晩熟成させた餡を使った『宇都宮餃子館』。

ボリューミーな『北海道十勝餃子』。餃子といえばタレはパートナー!しかし、こちらは、なんとタレを付けなくても食べられると話題沸騰!

長きに渡り取材拒否だった『札幌マルエス』がフェスに登場!餃子好きは絶対に食べたい一品。珍しい見た目、SNSにアップしたくなりそう!

TVなどメディアでもおなじみの『横浜中華街 大連餃子基地 DALIAN』。インパクトある見た目も特徴だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ