代理店女子マリア Vol.9

代理店女子マリア:全代理店女子の嘆き「私を結婚式に呼ばないで!」

広告代理店にはびこる、「チャラい」「遊び人」のイメージ。

広告代理店勤務の正社員女子たちにとって、代理店への先入観はレッテル以外のなにものでもない。

港区の大手広告代理店で、営業として働くマリア、29歳、彼氏なし。

9月を恋愛強化月間と名付けたマリアだが、恋は全敗。失意の中で「失恋休暇」という名の遅めの夏休みを取り、ハイスペック女子会で元気を取り戻すと、休暇明けからまた忙しい毎日を送っていた。30歳を目前にキャリアについても迷いを感じ始め、何気なく応募した転職先の面接は順調に進んでいた・・・

無邪気と厚かましさは紙一重


「私、結婚することになったの」


日曜日の昼下がり、マリアは高校時代の友人と2人で広尾の『ザ・テンダーハウス・ダイニング』にいた。

久しぶりに連絡をもらい、ランチに行く事になったマリアだが、顔を合わせるのは実に2年ぶり。左手の薬指に輝く指輪を控えめに見せる彼女を見ながら、マリアは嫌な予感がしていた。

「それでね、マリアちゃんに是非二次会の幹事をお願いしたくて。いいかな?」

この厚かましさはどこからくるのやら、嫌な予感は見事に的中した。

代理店女子は、こうして女友達に利用される


20代後半にさしかかってからというもの、週末は結婚式の予定が急増。

特にマリアと同年代、30歳を目前に駆け込み婚を決める女子は数知れず、マリアも今年、既に6つの結婚式と2次会に出席していた。

出席するだけならまだいいのだが、マリアはそのうち2つの2次会で幹事や司会を、1つの披露宴で友人代表のスピーチを既に終えたばかり。今回の依頼を通算すると、幹事は今年3度目となる。


「2次会会場なんだけど、ここ、どう思う?雰囲気良くない?」

テンダーハウスには結婚式場が併設されており、ウェディング激戦区の広尾エリアの中でも、最近人気のお店だった。普段は店の予約などしない彼女が、今日は自ら店を指定した意味が分かった。

代理店女子は、敏腕ウェディングプランナー?!


もしもアラサー代理店女子に、結婚式の2次会幹事経験率を聞いてみたとしたら、恐らく100%に近い数値をたたき出すだろう。

代理店女子=アイディア豊富で仕切り上手。

マリアたち代理店女子に任せておけば間違いないと言わんばかりに、結婚式の幹事を任されがちだ。

しかもその相手のほとんどは、社会人になってからはそれほど会っていなかったのに、結婚が決まる前後に急接近してくる、いわゆる「普通の友達」。

彼女たちは、マリアのアイディアや意見にいいねいいねと頷くばかりで、自分自身のアイディアはない。

今回のオファーをなんとか断わる方法をあれこれ考えてみるが、頼りにされると無下にできないのが代理店女子の性。

「新郎側の幹事って決まった?みんなでグループLINE作って、話進めようか」

今年3度目の幹事が、この瞬間に決定した。

【代理店女子マリア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ