サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道" Vol.13

意外にいっぱいある、予算200万円で買えるオシャレでセンスのいいクルマ5選

クルマ音痴の東京カレンダー編集者・船山を一人前のクルマ担当に育てる本連載。自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集部員船山に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

今回のテーマは、「200万円以下で買える、イケてる一台を教えて!」。

船山:先月、「フジロック」に行ってきてテント泊だったんですが、〝テント格差〞を感じたんです。僕ら電車組は最低限の装備、でもクルマで来ている人たちは充実装備。どデカいクーラーに冷えたビールが羨ましかったです。来年はスノーピークのグッズを満載して、クルマで行きたいなぁ……。

サトー:「若者のクルマ離れ」って言われてるけど、クルマ単体から離れているだけで、クルマでできる楽しいことは好きなんだね。

船山:こんなにクルマが欲しいって思ったこと、ありませんから。

サトー:よし、じゃあさっそくクルマ探しだ。どんなのが好きなの?

船山:予算や駐車場の問題もありますが、コンパクトカーかな、と思ってます。

サトー:予算はどれくらい?

船山:200万くらいのイケてるのがいいです!

サトー:それだったら、まず『ルノー』の「トゥインゴ」というのがおしゃれ。インテリアも含めて超ポップだよ。

【サトー’s RECOMMEND】RENAULT TWINGO。9月より日本での発売が始まるルノーのニューモデル。3620mm の全長は、軽自動車より少し長いだけ。コンパクトカーは前輪駆動が多いが、トゥインゴはエンジンを後方に積み後輪を駆動。¥1,890,000~

船山:ちなみにおいくらでしょうか?

サトー:フツーのタイプが189万円、キャンバストップでも199万円。しかもこのクルマ、エンジンをボンネットじゃなくて、後ろのトランクの場所に積んでるマニアックな設計なんだ。トゥインゴなら、自動車マニアからも「わかってる」って思われるね。

パリに限らずヨーロッパの街ってコンパクトカーが多いんだけど、トゥインゴは石畳の街に似合いそうだよ。

【サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道"】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ