銀座で開催!日本ワインと料亭の技のマリアージュを味わうイベント

国際ワインコンクールでも日本の白ワインが、アジア地区初の「金賞」に輝くなど、世界からの注目度もますます高まりを見せている日本ワイン。

そして今春、気軽にのんびりと日本酒を基本とした”国酒”を愉しむ場として誕生した『日本酒バル のまえ』において、9/26(月)に岩手の「くずまきワイナリー」とコラボしたイベントが開催される。合計35名限定のゲストのために供される、季節を感じる”和食材”のお料理と、”和イン”の絶妙なペアリングをぜひお愉しみあれ!

シンプルながら、個性が感じられるラベル。

岩手「くずまきワイン」の特徴は?

「くずまきワイン」は、岩手県北東部にある山間の町・葛巻町にある。冷涼な風土でワイナリー創設当初から山ぶどうを栽培し、東北の風土を表すような、綺麗で伸びやかな酸をいかしたワイン造りに励んでいる。

葛巻で栽培される山ぶどうは、普通のぶどうの約8倍のポリフェノールと、果実酒内でもトップクラスの鉄分を含んでいるのも魅力のひとつ。

写真の右奥にある扉を一枚へだてて、『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』とつながっている。

『のまえ』の奥にある『銀座 下鴨茶寮』の味でペアリング

イベント当日は、長年ワイナリーに携わってきた鳩岡氏によるガイドと共に5種のワインと、『銀座 下鴨茶寮』の料理長による季節感ある京料理を、心ゆくまで味わっていただきたい。

日本の豊かな自然から生みだされる、さまざまなお酒と食材のコラボレーションに、きっと満足していただけるはずだ。

葛巻町にある「くずまきワイン」のワイナリー。このエリアで採れる山ぶどうは栄養価が高く、産前産後や滋養強壮に飲まれてきた。東北の寒さに耐えた山ぶどうから発する深い酸味は、ワインに最適。

イベント当日にガイドしてくれる「くずまきワイン」の鳩岡氏。味覚だけでは味わえない魅力を感じてみよう。

料理は応量器で提供。写真右下から徐々に器が大きくなっていく。

見た目でも初秋の雰囲気が感じられるお食事の例。”和の素材”に、新たな発想で手間をかけた”酒の肴”は、酒を呼ぶ深い味わいに。
写真右下から順に。「干し無花果 胡桃 柿 白和え」「栗 いぶりがっこ フォアグラ最中」「蓮根と木ノ子のパテ 春菊ピュレ」「秋刀魚とセミドライトマトのミルフィーユ仕立て」「アボカドグラタン 岩手産ベーコン 占地 海老」

『日本酒バル のまえ』には、全国から厳選した日本酒や、今回のような国産ワイン、そして焼酎も豊富に取り揃えられている。お酒をこよなく愛する人には、いろんな愉しみ方ができる、大人の美酒バルである。

店内は全席がカウンター。店員との距離感も近く、どこかアットホームな雰囲気も流れる。京都独自の文化や美しさを華やかなる銀座でお楽しみあれ。

■イベント概要

イベント名:日本のワイン会-くずまきワイン-
日程:9/26(月)
時間:受付19:00~、開宴19:30~
料金:ひとり10,000円(税別)
定員:35名
予約:03-6264-5264

京都と東京を和える。日本と世界を和える。京都独自の文化や美しさを、華やかなる銀座で。

■店舗情報

店名:日本酒バル のまえ
住所:中央区銀座 5-2-1 東急プラザ銀座 11F
時間:ランチ:11:00~(L.O.15:00)/ディナー:17:00~(L.O.22:30)
定休:ビル営業に準ずる
電話:03-6264-5264
URL:www.nomae.jp/


【アンケートを実施中!】

■「教えて下さい、あなたのひと夏の恋愛事情!」回答はこちら
(募集期間:2016.8.26~2016.9.9)


東カレアプリダウンロードはこちら >


東カレWEB寄稿者採用SEASON4詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ