雑食系男子・植木くん Vol.5

雑食系男子・植木くん:本当の男を知ってるかい?惚れてる女に弱いのさ。

青山ヒロム。青山ヒロム。青山ヒロム。

3回唱えたところで、僕は彼にはなれないし、絶望的な気分はアッパーな気分に変わってはくれないし、僕が直面する平凡な現実は、怠惰なオバハンのようにゴロンと目の前で横たわっています。

だったら、恋の戦士として、神からも愛されたヒロム氏とタックを組んでこの東京恋愛ジャングルに進んで行く方が得策というもんでしょう?

好きな人がいる夏の苦さといったら・・・


気付けば9月。残暑厳しいとはいえ、夜に吹く風に今までと違う冷たさを不意に感じ、リストラサラリーマンのように肩を叩かれた気持ちになります。

俺の今年の夏はもう終わりなのか?

毎年、両目しっかり見開いて愛しさも切なさもまるっと夏の全てを見届けたいと願うものの、好きな人がいる夏は、苦さの比率がやや多めで、なかなかにビターなものです。

そう、例えば、好きな女性と別の男性のデートの一部始終を、知り合いの女からツラツラと話されるときなんかは特に。



「でね、でね。昨日ヒロムさんと菜々緒、深夜のドライブにいって、それからぁ・・・」

菜々緒さんと出会った合コンを開催してくれた「ホテルS」で抱いた女からはひっきりなしに連絡がきて、それを断れないのは、菜々緒さんの情報を怖いもの見たさであっても聞きたいと思ってしまう、僕の厨二病的恋心からでしょう。

有楽町のコリドー街のバルで、その女は、よりにもよって菜々緒さんとヒロム氏の情事を焦らしながら話してきました。

女子会の伝達網の電光石火の速さに驚きながらも、ヒロム氏と菜々緒さんが再び逢瀬を重ねていた事実に打ちのめされます。

【雑食系男子・植木くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ