グルメな人は中央線に集まっている!! アジア料理から焼肉まで旨い店10選

テーマはマルケ州の港町。マヨリカ焼きのエメラルドグリーンのタイルはアドリア海を、アーチ型の黄色い壁と真っ赤な天井は、朝日・夕陽に包まれた港町をイメージしている

『神の雫』に登場したワインを手頃な価格で楽しめる『ヴィッラ ビアンキ 丸の内OAZO店』

東京/イタリア料理

イタリアン大好きな2人のディナーデート、今宵はマルケ州のご馳走と洒落こもう。イタリアンブーツのふくらはぎにあたる、アドリア海側に面した、魚介類、ワインの美味しい土地だ。

昨年11月にオープンした「ビアンキ家の館」を意味するこの店では、日本ではまだ珍しいマルキジャーノ料理が味わえる。

左.州都アンコーナにちなんだ(上)「魚介の旨みたっぷり アンコーナ風スパゲッティー」1,480円、ワインソースが決め手「牛ハラミのビステッカ ロッソコーネロソース」。右.「生ハムとお肉の前菜盛り合わせ〝ミートプラッター〞」。

マルケ産のパスタ「マンチーニ」は、独特のコシがあるモチモチ太麺パスタで、様々な魚介の旨味がよく絡み、日本人の口にも合う。同様に州を代表するワイナリー、1955年創業「ウマニ・ロンキ社」の厳選ワインにも注目だ。

コスパ重視の上質ワインで国際評価も高く、人気ワイン漫画『神の雫』でもお馴染み。常時13種類のラベルワインが手頃な値段で楽しめ、2人の会話が盛り上がること間違いない。

結婚式の2次会などにも最適、個室スペース

駅直結。エレベーター降りてすぐ。お洒落な入口が目印

鮮魚のおまかせ「本日の桶盛」

盛りは豪快。値段は控えめ。新鮮な魚と好相性の名酒がズラリ『魚肴 青天上』

阿佐ヶ谷/和食

駅からすぐの路地にあるこの店は、斜向かいの人気鶏専門店『焼き鶏 青天上』の姉妹店。「質は高く、価格は低く」という店主・齋藤正浩さんの言葉通り、魚河岸から届く新鮮な魚の刺し身は、値段からは想像できないほど気前の良い盛りっぷり。

常時70種以上ある日本酒は、淡白な魚に合う吟香豊かな銘柄を厳選。「十四代」などの希少銘柄もしっかりそろうので、日本酒好きにはたまらない。

姉妹店の名物「特製鶏もつ煮」。奥は「青天上のゴロゴロエビの磯辺揚げ」

入口のカウンターを抜けると奥は広々。酒は入手困難な銘柄も安定して仕入れ、良心価格で提供

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo