合コン、接待、男子会。男がTPOに合わせて選ぶべき、ここぞのレストラン10選

友人との飲み会、ビジネス、お食事会など、その都度TPOに合ったシチュエーション選びが必須。ここでのセレクトはその後の、君の評価へと繋がってくる。

今回は美味しいだけじゃない、勝てるレストランを紹介していく。まず最初のシチュエーションはタイプ別の合コン&出会い編から!

手前は生姜が効いた豚ロースソテー 1,700円、中央はおまかせ前菜盛り合わせ 1,300円

年下女子とのお食事会なら『銀彗富運』

新宿三丁目

ワイン好きな子がいれば、より楽しいビストロである。店主がセンスのある酒飲みで、店の料理は“ワインを美味しく飲むため”の想いに溢れているからだ。そのため、ポテトサラダやポークソテーなど、一見よくあるメニューにも個性が光るのが特徴。

たとえばポテトサラダには、春はふきのとう、秋はきのこといったように季節の旬が入れられているし、ポークソテーには赤ワインソースに生姜がしっかり利いている。どれもあるようでなかった味のため「こんなの初めて!」と若い子を喜ばせることができる。

簡単なつまみは500円からで、肉料理やご飯ものも1,000円前後。お会計は1人5,000円前後と抑えられるので、女性陣に「2,000円だけもらっていい?」なんてかっこ悪い発言をしなくてもすむ。

新宿という立地にも関わらず落ち着いた店内

名物のひとつであるフォアグラ丼1,400円。その他、新メニューとしてトリュフたまごかけカルボナーラご飯などもある。ウニorキャビアのトッピングも可

戦闘能力の高いグルメ女子には『右京』

麻布十番

麻布十番でもトップの人気を誇る実力派酒場。食事メニュー約100種類、和酒250種と、何回行っても飽きさせないので、ここに来たことがある女性でもテンションは上がる。

個室はないが、極端に騒がしくない限り6人くらいのグループでも落ち着いて話すことができる。さらに「宝石箱出してくれる?」と言えばでる裏メニューは戦闘能力の高い女子に響く一品だ。

他にもお酒をミニサイズでも提供してくれるなど、女性にやさしい心遣いが嬉しい。

カウンター席もあるのでデートにもバッチリ

4,800円。レアめに炙った黒毛和牛と、女性が喜ぶウニ、いくら、キャビア、トリュフ、金箔を、ごはんが見えないほど豪快に

美女へ出会いに行く『ミントリーフ』

六本木

週2ペースで行っても1年では制覇出来ない……東京きってのモヒート専門バー。テーブルチャージ・サービス料無しという気軽さもあり、モヒート好きの美女が足しげなく通う。

場所は「東京ミッドタウン交差点」すぐ近くで分かりやすく、午前5時まで営業しているため「終電逃した!」そんな彼女たちの救世主でもある。

程良い賑やかさとカジュアルな空間で、かしこまる事無く友達感覚の自然な出逢いが期待できそう。男友達と「軽く飲もうか」くらいのテンションで行けば、思わぬ幸運が待っているかもしれない。

ベリーロワイヤルモヒート&塩昆布モヒート

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ