『オー・ミラドー』×『陣屋』の競演!食べるほど愛が深まる美食旅が豪華すぎ!

ーー最高に美味しいものだけを食べる”究極の美食の旅”を体験してみたい!!ーー
そんな美食家のひと言に端を発し、この度、夢のような贅沢プランが誕生したのだ。

箱根のオーベルジュ『オー・ミラドー』と、鶴巻の『陣屋』が手を組み作り上げた「美食三昧プラン」は、他に比類なき美味しい驚きが詰め込まれた2泊3日のプランになっている。2名1組からの申込となるこちらのプランは、美食旅をこよなく愛する二人にぴったり!一食経るごとに、二人の愛も深まること間違いなし!

さっそく、プランの内容を時系列でご紹介!

『オー・ミラドー』外観。門前に立つと、緑の中に白亜の建物がスッキリと浮かび立つ。

【1日目】チェックイン15:00

※『オー・ミラドー』からスタートの場合

最寄の交通機関となる駅、箱根湯本または小田原に到着!タクシーにて、初日宿泊となる『オー・ミラドー』まで移動
。チェックインは、15:00以降。いよいよ美食の旅が幕開け。

タクシー移動をされない方はその分お料理のアップグレードしてくれる。(※予約時要相談)

『オー・ミラドー』のプール。夏季は温泉プールも楽しめる。自家製ハーブティーと共にプールサイドでまったりと過ごすもよし。夕暮れ時は特に最高!
また温泉は、姥子より引いた疲労回復、婦人病、うちみ、肩こりに効き、お肌もスベスベに♪

箱根の自然に抱かれながらガーデンで、シュワシュワとスパークリングと共に食前のリラックスタイムだって過ごせる。食後は、隣接の「パビヨン」やミラドー内の「バー利休」など色々な空間でお愉しみあれ。

『オー・ミラドー』の料理のテーマは”西と東の融合”。

待っていました!ディナーの時間

17:30~21:00

アミューズからプティフールまで全8品で構成されたコース。一つ一つ丁寧に選び抜かれた旬の食材が、見事な手技でアートフルな料理に大変身し感動すら覚える。ソムリエが料理に合わせてセレクトしてくれる数々の銘醸ワインと共に、ゆったりと大満足なディナーを満喫していただきたい。
=MENU 一例=※季節の食材によりメニューは変更有。
・季節のアミューズ・ブーシュ
(以下前菜3品:自家農園朝取りきゅうりのゼリー寄せと相模湾又は駿河湾の貝類と共に、フォアグラのコンフィとトリュフ メロンのグラニテ添え、その日のシェフ特製スープ)

・魚料理:伊豆の金目鯛のクリスピーロースト
・肉料理:蝦夷夏鹿肉とセミドライにしたいちじく 青胡椒ソース
・デザート:静岡紅茶と西瓜のフラッペ、マンダリンオレンジとマルキーズドショコラの取り合わせ
・ミニャルディーズ:プティフール“箱根山”

魚料理のイメージ

勝又シェフは「日本の地方でしか作り得ない新たなフランス料理の境地」を追求・開拓し続けている。
食材と調理法の妙が、繊細かつ大胆に、アートフルな皿に反映される。とにかく美味しい!

オーナーシェフの勝又登氏。国内外の大物俳優から総理経験者まで多くのファンを魅了し続ける。

フレンチ料理界の最先端を40年以上走り続けてきた、勝又シェフの技術と経験をベースに、伝統的かつ繊細な和食の技法も積極的に取り入れている。

朝食イメージ。

【2日目】絶品朝食で最高の一日のスタートを

7:30~9:30

美味しいディナーに満たされて、ぐっすり眠った後は、すっきりお目覚め。そして、絶品ミラドーの朝食にて、またしても幸せなひと時を!

フレッシュジュースから始まり、バスケットいっぱいのパン、海老のフラン、箱根名物 温泉卵、白野菜のスープ、農園野菜のサラダ、季節のフルーツコンポート、カフェオレなど盛りだくさんだ。

ロールスロイスまたはレンジローバーにて。

『オー・ミラドー』チェックアウト

11:00

チェックアウトを済ませたら、ロールスロイスで4時間かけて箱根観光を兼ねて陣屋まで移動。VIP気分を味わいながら普段とは違った目線での箱根観光を楽しんでみて。

※送迎車を利用されないゲストには、料理のアップグレード対応が可能。(※予約時要相談)

箱根ドライブ

11:00~15:30

次なるお宿の『陣屋』までの移動と箱根ドライブをどうぞ。11:00~15:00までの4時間の間、ランチや観光スポットなど、お好きな場所に立ち寄れる。季節ごとに色んな景色をみせてくれる芦ノ湖周辺の眺めの良い場所もオススメだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ