たったの5,000円で凄すぎるいくら、うに、トリュフが味わえる新店!

神田に7月5日にオープンした『くずし鉄板 あばぐら』のコスパが凄すぎると話題になっている。同店はこれまでの鉄板焼きのイメージを覆す、鉄板でもなく割烹でもない、「くずし鉄板」という新しいスタイルだ。

鉄板焼きはちょっとハードルが高いと思っていたアナタ。ぜひこの新店を試してみてほしい。予想以上のお得なコースがあなたを待っているのだ!

渋谷や大門にも展開する商業施設「GEMS」がこの7月神田にも誕生し、周囲のビジネスマンで賑わいを見せている。そのGEMS神田の5階に入ったのが『くずし鉄板 あばぐら』だ。“1つの作品に1つの個性”をテーマに、厳選された旬の食材を使い、鉄板焼きの常識にとらわれない斬新な料理が楽しめる。

中でも注目して欲しいのは、そのコスパ! 聞いて驚くなかれ、うに、いくら、トリュフが盛り込まれた店一押しのコースはなんと、5,000円!品数も16品が出てくるのだ。

食材を直接取引で仕入れることが、驚きの鮮度とコストパフォーマンスの共存を可能にしたという。さてその気になる全16品を一挙公開しよう!

北海道産のバフンウニとムラサキウニの2種類のうにを和牛で巻いた「和牛うに巻き」

うにからトリュフまで、豪華食材のオンパレード

1品目は、出汁の味がじんわり染み渡る「愛知産の冬瓜すりながし」からスタート。お腹の具合も準備万端になったところで、2品目の「和牛うに巻き」が登場。

北海道産のバフンウニとムラサキウニの2種類を贅沢に使用し、綺麗なサシの入った和牛で巻いたという、なんとも贅沢なマリアージュ!

黒トリュフをこぼれんばかりにたっぷりと!「黒トリュフのトースト」

3品目は、弾力があり歯ごたえ満点の「浜坂産の天然すずき造り」。ここで刺身が出てくるのも面白い構成だ。

続いて4品目。カウンターの奥から運ばれてきた皿の上に、シェフがスライスし始めたのは黒トリュフではないか! これで完成したのが「黒トリュフのトースト」。まるでフレンチを彷彿とさせる高級感のある一品だ。

「谷中しょうが」はシンプルに。口の中をさっぱりとリセットしてくれる

5品目は、口の中をさっぱりとリセットしてくれる「谷中しょうが」。このタイミングの谷中しょうがを出してくるところは、“飲兵衛心をよくわかっているな”と嬉しくなる。手づかみでパクッと行って欲しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ