先週のアクセスランキング!1位は「青山ヒロム:東京に住む男には「抱ける女」と「話せる女」が必要だ。」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“青山ヒロム”に“極上麺5選”から“クォーターラバー”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
青山ヒロム:東京に住む男には「抱ける女」と「話せる女」が必要だ。

27歳が女の最高値。そんなわけないだろう! かの伝説のプレイポーイ・光源氏の守備範囲は下は小娘、上は老婆まで守備範囲も広い好色男だったと聞く。 老いも若きも、VIVA WOMAN!

これは、東京で咲き誇るゴージャスな女たちと、アンタッチャブルな男たちが繰り広げる、ファンタスティックで時にはHARD THINGSなLOVE AFFAIR。 今宵も、ラグジュアリーなその夜、覗き見してみよう。

続きはこちら

★第2位
勝てる手土産:自信満々に「みなさんでどうぞ!」を言える渾身の手土産3選

やはり手土産は、「みなさんで」と人数を考えてお渡ししたいもの。仕事相手にもオフィス全体、チーム全員に行き渡るのが重要だ。

そんなとき、「これを送ってくれたのは誰?」と声が上がり、気分が高まるものだと印象に残り、ビジネスにも有利に働くはず。 次の仕事の契約につながるほどの、優秀な手土産をご紹介しよう。

続きはこちら

★第3位
都内最強の担々麺はここだ!シビれる美味さが虜になる極上麺5選

いまや国民的人気食である担々麺。自家製辣油がビシッと効いた硬派な一杯から、胡麻だれベースのクリーミーな味まで、お店によって多種多彩。

ここでは、そんな多様性を極めた担々麺の中から編集部が厳選に厳選をかけた5店舗を紹介。いつもの担々麺とはあきらかに違う、複雑に絡み合う味と香りを堪能あれ!

続きはこちら

★第4位
2007年。『天現寺カフェ』から始まる、“港区ラブストーリー”は突然に。

東京都港区。東京の中心であるこのエリアには、数多くの“ロマンス”が詰まっている。ドラマみたいな出来事や、ドラマ以上の出来事が港区で過ごしていれば、降りかかってくることもある。

この“港区ラブストーリー”は、2007年に出逢った26歳の女と24歳の男の2016年までの恋模様、“あの日、あの時、港区で”の様子を描き出していく。

続きはこちら

★第5位
クォーターラバー:数回だけでは判断不能。隠れジェラ男&束縛男の兆候はいつ現れる!?

蔦屋を出て開口一番に亮太が言い放った言葉に、驚いてしまった 。啓介はただ偶然遭遇した、高校時代の男友達に過ぎない。そう説明しても何だか亮太は不機嫌だ。

「あれ、まさか亮太はただの男友達に嫉妬してる…?」

続きはこちら


【スタッフ募集!】(応募締切:~2016.8.12)

①編集オペレーター
②営業担当

▼詳しくはこちら
https://tokyo-calendar.jp/story/2533


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ