東カレ美容サロン:「かわいい」と「大人っぽく」の間で揺れるアラサー女子のヘアスタイルとは?

女のレベルは髪でわかる。
髪が変われば人生変わる。


洋服や靴はすぐに買い換えられる。けれども、美しい髪を手に入れるのには手間と時間が必要だ。だから髪の毛を見れば、その女性のレベルがわかる。

そして美しい髪は、彼女の人生を変えることができる。東京で暮らす女性と髪のリアルな関係に迫る連載、今回は恋も仕事も充実させたいアラサー女子の作戦会議。

東カレ美容サロンへようこそ!

第1回:20代の髪型を引きずるアラサー女子はイタい! いま流行の大人ボブとは?

魔法の技が、ちょい老け顔のアラサ―美女の悩みをあっさり解決!

渋谷という美容サロンの超激戦区で、15年にわたって人気店舗の座を維持するサロンがある。この店舗が人気の理由は、ただ髪型をデザインするだけではないからだ。

もし髪が傷んでいたらケア、頭皮が疲れていたらヘッドスパ。豊富なケア系のメニューを目当てに10年以上通う顧客も多く、気の置けないスタイリストと密にコミュニケーションをとるのがこのサロンの特長だ。

そしてスタイリストと二人三脚で、体調や人生のステージに合わせたヘアスタイルを模索する。


今日もまた、髪で人生を変えたいと願う女性が、このサロンを訪ねる。

トメオク・マイコは30歳になったばかり。職業はモデル。ここ何年かは男性スタイリストのTが彼女の担当だ。

髪にまつわるどんな悩みも、ノバク・ジョコビッチのストロークのように正確に打ち返してくれるスタイリストTは、マイコにとって頼りになる存在だ。

真夏日が続く昨今、ブローがハンパになっていませんか?

T:マイコさん、最近忙し過ぎるんじゃない?

「えっ、なんでわかるの?」

T:髪の毛、ちょっと元気ないですよ。先月はもっとツヤツヤだったから。ズバリ、ちゃんとブローしてないでしょ?

「バレた……。最近、夜も暑いから、ついブローが中途ハンパになっちゃうのよね」

T:どんなスタイリングにしても、髪に艶がないと意味ないから。今回まずは入念にトリートメントします。

「ありがとう」

T:とにかく毎日のブローはしっかり。女子力で一番差が付くのは、髪の艶ですよ。さて、今日はどんな感じにしたいですか?

「最近、ちょっと揺れていて……。私、老け顔でしょ。中学3年くらいからずっとこの顔で、若い頃は大人っぽく見られたいからよかったんだけど、30歳になった途端、かわいく見られたいって気持ちが出てきちゃって」

T:それ、美人ならではの贅沢な悩みですね(笑)。

「かわいく見られたいけど、30にもなってやり過ぎるとイタいって言われるし、大人っぽいのがいいかなって巻いたりするとプロっぽくなっちゃうし、落としどころが難しいのよ」

T:わかりました。“かわいい問題”は後でアレンジするとして、まずは艶を取り戻しましょう!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ