SNSでいいねが殺到!女子会で盛り上がれる春巻3選

鮎の春捲

四季を巻き込んだ趣のある味わいを『ENGINE』

神楽坂

“和の食材を中華に変える”をコンセプトに、季節感を打ち出した優しい味わいのヌーベルシノワを展開しているのが、『ENGINE』の松下和昌シェフだ。春巻も然りで、季節に合わせ常時2種類を用意。

定番の豚足とキャベツの春巻のほか、秋は秋刀魚、冬はフグ、春にはふきのとうなど旬の味を取り入れたそのレパートリーは、ざっと10種余りにもおよぶ!

取材当日は鮎の春捲に出会えた。オイスターソースと共に火を入れた肝を一夜干しにした鮎で挟み、皮で巻いている。香ばしさの後、ふわっと香る肝の風味が独特でイイ。カラっと揚げた頭と中骨が添えてあり、フォトジェニックな見た目もポイントが高い品だ。

スミイカ墨春捲

イタリアンのライスコロッケをヒントに生まれた一品。餅米を腐乳で炒め、スープでのばしつつイカ墨とイカを加えたリゾットが具となっている。もっちりとした新食感が印象的な春巻に仕上がっている。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo