男の到達点『メガヨット』 Vol.14

彼女と秘密の時間を過ごす、プライベート感満載の船上のダブルベッド

curated by
ナイジェル・ビーティー

家族からどうやって秘密を守るか? そして世界に知れないようにするにはどうすればいいのか?

トルコのサンライズヨットが造り上げた芸術品、2014年に進水した45m「アトミック」号は、それこそヨット業界全体を驚かせた。しかもこのヨットの建造プロジェクトは、オーナーの家族すら知らなかったというのだ! オーナーから妻へのプレゼントという理由から、一切秘密のプロジェクトとしてトルコのヤードで作られたこのヨットは、建造に関する電話の会話もすべてオーナーの車中で行われたというほど、徹底した秘密主義に守られた。

サプライズが敢行されたのは、トルコにあるアンタルヤビーチ。オーナーは、バケーションと称して家族をトルコに飛ばした。ある晩、オーナー家族は素晴らしい雰囲気の中、ダイニングを堪能していた。美しい眺め、沖合にはゴージャスなヨットがクルーズしている。そしてオーナーは、「あそこでクルーズしているヨットをどう思う? あれは君のものなんだよ!」と。実は驚きはこれだけではなく、このヨットはなんと、オーナーにとって初めてのヨットでもあるのだ!


パーフェクトボート

アトミック号は3層デッキの排水型。スチールハルにアルミの上部構造というラグジュアリーなヨットで、大西洋横断などの遠洋航海も楽にできる。世界中のどの海でも、プライベート使用だけでなく、チャーターもできる。船内全てのスペースは無駄なく活用され、ビルダーとクルーが密接にこのプロジェクトを進めてきたことが伺える。

外観はシンプルなデザインだが、クリーンで心地良く、穏やかで機能的。そしてゲストエリアから下部デッキへと続く階段の壁に施された砂模様のカーブなど、凝ったディテールも船内のあちこちに見ることができる。ゲストキャビンは後方にダブルが2室とツインが1室、前方にはダブルがもう1室ある。

ビーチスタイルの雰囲気が漂うこのヨットは、船内全体が明るい色調に包まれ、窓は大型。メインデッキにあるマスターキャビンはフローティング家具によって室内がより一層広々と感じる。バスルームは前方にあり、なんとビームすべてをとっている。

アッパーデッキのサロンは最高のリラクゼーション空間だ。白を基調としたソファに広々としたバー、ポップアップテレビもあり、同じデッキ外のダイニングエリアでディナーを堪能したあとにリラックスする場としては最適だ。また、スポーツが大好きでダイビングも趣味なオーナーは、ほかのヨットだったらビーチクラブとして使うスペースを、器具を完璧にそろえたダイブセンターにしている。

【男の到達点『メガヨット』】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ