来るぞ、開発ラッシュ!23区で予定している商業施設や新駅の開発事情

変わりゆく街・東京。2020年のオリンピックに向けて、いよいよ東京の再開発も佳境に入ろうとしている。我々の生活に密着した素敵な商業施設のオープンも続々と予定しているのだ。

これから東京の街はどのように変化していくのだろうか?

そこで、公式発表されているプロジェクトや再開発計画を参考に、これからの東京の街の変化を探ってみる。

©SEIBU PROPERTIES INC.

2016年7月27日:『東京ガーデンテラス紀尾井町』グランドオープン予定

赤坂見附・永田町

直近では、今月27日(水)に『東京ガーデンテラス紀尾井町』がグランドオープン予定だ。

場所は『グランドプリンスホテル赤坂』跡地で、ホテルやオフィス、商業フロアからなる「紀尾井タワー」、 レストランやウェディング会場として利用でき、かつて“赤坂プリンス旧館” として親しまれた「赤坂プリンス クラシックハウス」、地下2階~地上21階、総戸数135戸のタワマン「紀尾井レジデンス」の3つの建物からなる。

「紀尾井タワー」は1~4階の商業施設は「紀尾井テラス」と呼ばれ、既に5月に1~2階部分がオープンしており、カフェやレストランなどが利用できる。

©SAPPORO REAL ESTATE CO.,LTD

2016年9月24日:銀座の中心・銀座四丁目交差点に『銀座プレイス』がオープン予定

銀座

銀座の中心・銀座四丁目交差点に面した「サッポロ銀座ビル」があった場所には、今年9月24日、『銀座プレイス』がオープン予定。レストランやカフェ、ショップやショールームなどが入居する。

先行して8月3日より地下1階~2階フロアの『銀座ライオン GINZA PLACE 店』がオープン。地下1階はお酒以外にも喫茶やランチ・ディナーでの食事が楽しめる「ブラッスリー」フロア、地下2階は仕切りを設けない開放的な「大型ビヤホール」フロアになるという。

東京メトロ銀座駅の出口が目の前なのでアクセス抜群、仲間とワイワイガヤガヤ、早速今夏から利用したい注目店だ。

建設中の様子 ⓒOkura House

2016年10月1日:銀座二丁目交差点に『Okura House』がオープン予定

銀座

銀座二丁目交差点「カルティエ」が入居していたビルでお馴染「大倉本館」は、今年10月1日、『Okura House』としてリニューアルオープン予定。

B1F~3Fには、カルティエの旗艦店「カルティエ銀座ブティック」、4Fには、日本料理 「銀座吉兆」、12Fには、オールデイカジュアルダイニング「bills」が入居予定の他、美容系サロンやクリニック、オフィスが入る複合ビルとして生まれ変わる。

やはりカルティエはブルガリやヴィトン、ティファニーなど、高級ブランドが立ち並ぶ銀座二丁目交差点付近がしっくりくる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ