ビールが止まらない! 東カレ編集部が選ぶ『私のNo.1つまみのある店』6選

発売されたばかりの『東京カレンダー』8月号は、魅力的なお店がてんこ盛り! 掲載前から舌鼓を打った編集部員たちが、真にお勧めするお店をリコメンド。

伝統の鳥唐揚げは3個で¥900 。4個で¥1,200。ランチは限定30食。早い時間になくなることも多い

『京橋 都鳥』

たとえば、夏。日中何軒も取材やら打ち合わせやらで、街を歩き回った日の19時頃。そうですね。旧友との再会としましょう。場所は東京駅近辺とのご指定。お腹も空いたし、何よりノドがカラッカラ。

「あぁ、ビールが飲みたいなぁ」なんて時には、ぜひこちらの『京橋 都鳥』を目指してもらいたい。

まずは、ビールで乾杯。その後、焼き鳥や出来立ての玉子焼きやらをつまみ、いよいよ唐揚げの段。普通より大きめな唐揚げは、白い部分が見え、立田揚げのよう(※別に立田揚げもあります)。一口食べると、シャクっとした音とともに肉汁が溢れてくる。熱々な唐揚げをほおばり、その余韻をビールで受け流す。軽い食感だから、いくつでも食べられるんだろうな、と妄想。これぞ、口福なり!

いまオフィスでこれを書いているだけでもヨダレもんです。上記のシチュエーションに限らず、唐揚げ好きな方であれば一度は食べてもらいたい、まさに逸品でございます!

はじまりの膳(¥800)。看板メニューのあおば餃子をはじめ、大葉、鶏パクチー、旬の15野菜の薬膳餃子、無添加海老の姿餃子

『池尻餃子.』

新宿からバリ島(!)に拠点を移し、人気を集める餃子専門店が池尻にオープン! 池尻在住者としてはここは押さえておかねばならん! ということで行ってまいりました。

いわゆる“逆輸入”と思って、侮るなかれ。本名、年齢非公開のマダムローズがオリジナルのレシピで作る餃子は、玄米酵母菌で肉をまろやかにし煮こごり状になった特製出汁を餡に練りこむなど、試行錯誤を繰り返し、完成したという本格派。

サンバルソースや、マダムローズが30種の食材を使って作るタレで、門外不出の味を堪能しよう!

常連のみオーダー可能なエンドレス餃子(¥2,000)は元祖あおば餃子を好きなだけオーダーできる裏メニュー。エンドレス餃子&ビール、もう幸せです!!

カニクリームコロッケ(¥1,000)。海老のコクをしっかりと効かせた上品なアメリケーヌソースも絶品!

『なみの上』

いくらカニ入りだからって、コロッケで¥1,000はお高いなぁと正直思いました。が、食べて納得! これは絶対に食べておくべき!

トロトロになったジャガイモと、惜しげもなくたっぷり入ったカニの組み合わせは、贅沢コロッケと呼ぶにふさわしいリッチな味わい。まずはそのままパクリ。その後、コロッケの下で綺麗な円を描く、自家製アメリケーヌソースを絡めてご賞味あれ。“コロッケ枠”に収めるのが躊躇われるほどの上品かつ大人な一品です。

ビール×美味しいアテを求めた今号の取材中は昼間から上機嫌♪ 中でも、『なみの上』で味わった幸福感は素晴らしく、すぐに再訪してしまったほど。プチ贅沢が主流になってきた昨今のビールにはぴったりの相方です!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ