東京結婚式明細 Vol.9

東京結婚式明細:“海外風”を売りにした邸宅ウェディングの落とし穴。DIYは自己満足?

理想的な結婚を、適齢期にした沙織、32歳。

誠実で、外見も稼ぎも良い夫と安定した結婚生活を送り、3年になる。

今回は、流行りの「D.I.Y.」(Do It Yourself)の邸宅ウェディングに出席することになった。“海外風”カジュアルを売りにした式の、その実態とは...?

東京結婚式明細 vol.8:子連れ女友達が招いた悲劇の結婚式。納得できないその理由は...?


クリエイティブな職種な人種が好みそうな、“海外風”カジュアルウェディングの誘い


「海外風の邸宅ウェディングにすることにしたの。ゲストルームもたくさんあるし、前夜祭から始めるから、ぜひ泊まりで来てね。」

“海外風”をやたらと強調して亜里沙は言った。

彼女は5年以上付き合った恋人とようやく結婚することになったが、親しい友人を集めた小ぶりのアットホームな式にするとのことだ。

亜里沙はフリーランスで、女子力の高い美容記事を書くライターをしている。夫はメンズアパレル雑誌の編集をしているとのことで、彼らは普通のサラリーマンには決して出せないカジュアルでラフな独特な雰囲気を持っていた。邸宅ウェディングというのも、クリエイティブな職種の人間が好みそうなものである。

亜里沙曰く、前夜祭からスタートする結婚式も“海外風”だそうだ。

泊まりがけの出席は気が引けたが、せっかくだからと何度も誘いを受け、悪友の朋子と共に前日から赴くことにした。

【東京結婚式明細】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ