東カレ読者の実態 Vol.9

栄えある1位は!? 東カレ読者が選ぶ、2016年“モテる職業”ランキング!

今月実施した「教えて下さい、あなたの恋愛事情!」のアンケートへのご回答、ありがとうございました!

アンケートの中で「異性に求める理想の職業は?」という質問をしましたが、果たしてどの職業が東カレ読者にはモテるのか? その結果を発表したいと思います。モテる職業はこれだ!

有効回答数:574
男女比:男性77(14.2%)、女性467(85.8%)
()内の支持率は有効回答数の中でそれを選択した人の割合を示します。

10位:広告代理店(支持率14.6%)

まずはトップバッター、広告代理店が無難にトップ10入りを果たした。男女別で見ると、以下の支持率であり、ほぼ同率である。
・男性12位(支持率14.3%)
・女性10位(支持率14.6%)

いつの時代も、根強く人気の広告代理店。企業の商品やサービスのプロモーションという派手な場を司る仕事のため、そこに従事する人達のコミュニケーション能力はかなり高く、話題も豊富。くたびれた外見ではクライアントからの期待値もだだ下がりのため、外見も男女ともにスタイリッシュな人が多いのが特徴だ。

一方で、仕事が重なってきたときの激務っぷりは祭の様相を呈する時もあり、一般的なイメージに比べて泥臭く、ガッツあふれる職種である。会社に籠ってばかりでは情報も錆びてくるからと、半ば仕事のように、激務の後にも颯爽と飲みに繰り出すタフネスさも特筆である。

キャリアが長くなるにつれ、収入面でも開きが大きくなる業界であり、恋愛相手としては「勝ち馬」を見定める目利きが必要かも!?

9位:会計士(支持率17.4%)

9位は会計士。派手なイメージの広告代理店を抑えての9位に、まだまだ根強い「資格職業のブランド」を見る事ができる。
男女別で見ると、以下の支持率であり、明らかに女性からの支持が高い。
・男性19位(支持率9.1%)
・女性9位(支持率18.4%)


超難関の国家試験で合格率10%程度と、そもそもなるのが難しい公認会計士。やはり、公認会計士=知性が高いという、初期設定のアドバンテージは捨てがたい。
ただし、ここで要注意点は、野村総研が発表した「人工知能(AI)やロボットなどによる代替可能性が高い100種の職業」において、会計士がリストアップされた点。20年後、30年後に今と同じステータスでいられるかは若干リスキーな雲行きである。

ちなみに、「家のお金の管理がしっかりとしていそう」という声もあったが、実際は、「家の事は全然ダメ」という会計士自身からの声も多数。遊ぶ人はどんな職種でも遊びまくる。デートでしっかりと見極めていただきたい。

8位:弁護士(支持率17.6%)

8位は弁護士、ここでランクイン。男女別で見ると、以下の支持率であった。
・男性19位(支持率9.1%)
・女性8位(支持率19.1%)

弁護士といえば一昔前まで、もう少しモテる職業だというイメージがあったが、なんとも微妙な結果に。東カレでも、弁護士婚活事情という連載をこの春に実施して大きな反響を呼んだが、そこで触れたように、最近は弁護士が増えすぎて儲からないと思われていたり、職業柄、アドバイスしたがりだったり、自己主張が強い傾向はあるかもしれない。

しかし、人を助けたいという正義感と、地道に努力する忍耐力、トラブルに動じない落ち着きと、切った張ったの交渉力。恋人として抜群の頼りがいだが、喧嘩をしたら極めてやっかいな相手となるかも!?

7位:研究者(支持率19.7%)

研究者が7位。何の研究かさえ言及せず、「研究」というバクっとした言葉での投票であったが、弁護士をおさえてのランクイン。男女別で見ると、以下の支持率であった。
・男性16位(支持率13.0%)
・女性7位(支持率20.8%)

研究者がモテるとは何事か! という昔のイメージとはずいぶんと様子が変わってきている。今やゼネラリストよりもスペシャリストの時代。なんでも要領よく捌くオールラウンダーよりも、これからの時代は未来の可能性が大きいと考える人が確実に増えてきている。
また、ハイランクな研究者ともなると、かなりの高給でリクルーティングされる存在であり、一攫千金に近い所得も夢ではない。

一方で、相変わらず男性は大学時代の頃から文系に比べて課題や研究も忙しい上に、そもそも男性比率が高いので遥かに女性と出会う機会が少なく、異性への免疫が少ない。
将来のノーベル賞受賞者夫人を目指して、一気に仕留めるなら今のうちかも!?

【東カレ読者の実態】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ