マーケター列伝 Vol.1

『氷結』のグイグイ攻めてる企画が気になる! それは、この美人マーケターの仕業だった!


あのヒット商品は、どのようにして生まれたのか?

東カレ読者が手取るような商品を作り、創意工夫に満ちたプロモーションを仕掛ける、マーケター。この連載ではそんなエッジィなマーケターたちに焦点を当て、ヒット作や一風変わったプロモーションの裏側に迫る。

第一回目は、「氷結」で斬新なプロモーションを展開する、キリン株式会社CSV本部デジタルマーケティング部の加藤美侑さんに話を聞いた。


加藤さんは新卒で某食品メーカー勤務を経た後、2015年5月にキリンに転職し、デジタルマーケティング部へ配属となった。加藤さんが所属する「ブランドコミュニケーション」チームでは、イベント企画や、フェイスブック、ツイッターなどのSNSを駆使するなど、デジタルを中心としたブランドのプロモーションを担う。

担当はアルコール飲料。入社当初は、代官山に店舗がある『SPRING VALLEY BREWERY』というクラフトビールと『グランドキリン』の2つのブランドを手掛けた。

2015年4月17日にオープンした、代官山『PRING VALLEY BREWERY』は東カレWEBでも大きな反響があった


入社から1年たった今は「RTD=Ready to dirnk」と言われているチューハイ(氷結、本搾り、ビターズ)。クラフトビール(グランドキリン、SPRING VALLEY BREWERY)、「RTS=Ready To Serve」と言われている「ひんやりあんず」、そして、ウイスキー『富士山麓』の7ブランドを担当。

数十種類のパーツを組み合わせたり、顔写真から作ることができる。宣言文言も仕事、恋愛など多くのパターンが。ちなみにこちらは加藤さんのアイコン


中でも氷結は、20代前半向けに「あたらしくいこう」というコンセプトでプロモーションしている。最近、話題になったのは、漫画家の漫☆画太郎先生とのコラボ企画。

「目や鼻のパーツを選んで、自分の顔を完成させる。4~5ヶ月の構想期間を経て実現しました。SNSのプロフィール写真にしている人も見かけましたね。私も自分のを作って、プロフィールにしていました(笑)」

【マーケター列伝】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ