タクシー代の秘密 Vol.5

タクシー代の秘密:2016年、テクノロジーの進化で女性はタクシー代で稼げなくなった!?


今宵もまた東京の至るところで、出会いを求める男女が戦を繰り広げている。

楽しい時間のあとに男性が取る行動としてスマートと讃えられるタクシー術。 お金を渡すのか、一緒に送っていくのか、それとも……?

これまではタクシー代だけで暮らせたITバブルの2000年ライブドアショック後の2006年リーマン・ショックの被害を受けた2008年を、通算2,500回の「お食事会」に参加し、元“プロ女子大生”という肩書をもつ優子と共にタクシー代の在り方を紹介した。

そして前回からは優子からバトンを受け継いだ、平成生まれの「愛」が味わった2012年、ゆとりバブルについて。今回は現在の2016年にスポット当てる。

送り狼おじさんに、足りないタクシー代の現状


2016年を迎え、平成元年生まれは27歳に。これまでは生まれ年だけでチヤホヤされていたが、後にやってくるミレニアムベビー世代に比べれば珍しさもなくなった。お食事会の機会はあっても、結婚を考える年齢になったことで男性陣は同い年か5歳上。彼らに“タクシー術”というスマートな行動は求めておらず、終電もしくは女性同士での相乗りが普通となっていた。

たまにタクシー代をくれるのかと思えば、それは自宅までかかる金額には足りておらず、残りは自腹というのも珍しくない。むしろ、貰えると思っていなかっただけに3,000円でも思わぬ収穫。昔は「ありえない」と言っていた友人たちも、今はこれが普通だよねという価値観へと変わっていた。

ひと回り以上離れた男性とのお食事会もあったが、帰り際にタクシー代をくれることはなく「一緒に途中まで送っていくよ」という送り狼状態に。食事をごちそうしてもらっただけでそんな気分になれるわけがなく、タクシーの中では自分の荷物を相手との間に置き、距離を縮められないようにしていた。

降ろしてもらうときは自宅の最寄りではなく、一駅離れたところに。お別れをしたあとは別のタクシーに乗ってひとりで帰る。年齢的に稼ぎも安定したため、タクシー代への執着も薄くなっていた。

草食男子が増えたことにより、そういったところで必死にならなくてもいいという考えの男性が増え、逆にタクシー代を出すようなタイプは“胡散臭い”という印象を与えるまでに。しかし今、別のタクシー術を使っておいしい思いをしている人がいた。

きっかけは芸人おぎやはぎの矢作氏がある番組で「合コン後は送っていかないし、タクシー代も渡さない。呼んだタクシーに女性を乗せて帰らすだけ」という発言からだった。決してこれはタクシー代を払わないということではない。

【タクシー代の秘密】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ