あなたが私にくれたもの♬ Vol.4

足長おじさんからのシャネルヴィンテージ祭り。一方、彼女のプレゼントは予想だにしない300枚の……

ーあなたが私にくれたもの♬ 白い真珠のネックレス♬ー

JITTERIN'JINNの「プレゼント」という恐ろしい曲をご存知だろうか。

ひたすら「彼にもらったもの」を謳う、1990年に発売されたバブル期の名曲である。

時は移り変わり、2016年の東京。

東京人は恋人にどんなプレゼントを贈っているのだろうか?

自分が恋人の誕生日やクリスマスにプレゼントを贈る際に、悩むことは多いであろう。聞きたいようで、なかなか聞けない男女のプレゼント秘話。その中身を実際に物語と共に披露する。


ふた回り年上の彼は、若い恋人にデレデレ。財布の紐もユルかった


「そんなに凄いプレゼントを貰ったことはないので、私なんかの話、面白くなかったらごめんなさい……」

伏し目がちに恐縮する碧さん、33歳。大手損保会社のOLだ。派手ではないが清楚で上品な顔立ち、またシンプルな白シャツ姿が大人の女性の爽やかな色気を醸し出している。

「私の人生は、東京カレンダーで取り上げられてる人と違って本当に平凡で取柄のないものなのですが、20代半ばで付き合っていた元彼が2回り年上のお金持ちでした。」

すでに東カレ臭がするではないか!というツッコミはさておき、年上の恋人は碧さんに多くのプレゼントを贈ってくれたという。どうやら若い女の子と付き合えたことにデレデレと、財布の紐はかなりユルかったらしい。このシャネルのヴィンテージバッグも彼のプレゼントの一つだ。

「これは2人でロンドン旅行に行ったときのプレゼントです。ロンドンって、シャネルヴィンテージの可愛いショップがたくさんあるんです。あの旅行は楽しかったな。」

若い恋人にプレゼントを贈るのが趣味のようになっていた彼は、ロンドン旅行中に大量のブランド物を買ってくれたという。

「銀座なんかで年の離れたカップルで買い物をしていると、やっぱり不倫カップルのような、そういう目で見られるじゃないですか?だから東京での買い物は、お互い若干人目を気にして遠慮してたんですよね。でもロンドンではそれがなくて、ここぞとばかりに買い物しました。」


このシャネルのネックレスもその1つ。

他にもグッチやプラダ、イヴ・サンローランのバック、バーバリーのコートも買ってもらった。デパートの雑貨屋や洋服屋など、ふらっと立ち寄った店で10万円以上の買い物も何度もしたという。

「彼は足長おじさん願望でもあったのでしょうか、行く先々で私に洋服やら靴を着せ替え人形のように試着させて楽しそうにしていました。あの旅行で彼は一体いくら使ったのでしょう……(笑)。」

【あなたが私にくれたもの♬】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ