東京結婚式明細 Vol.4

東京結婚式明細:花嫁の10年越しの一途な想い。誰もが祝福し涙したハッピーエンドとは...?

理想的な結婚を、適齢期にした沙織、32歳。
誠実で、外見も稼ぎも良い夫と安定した結婚生活を送り、3年になる。

30歳を過ぎてからの結婚式は周囲の目も厳しく、楽しく幸せなものばかりではないと痛感し始めた今日この頃。純粋に幸せな結婚式とは果たして存在するのであろうか?沙織は自分の記憶を探っていた。

結婚式明細書 vol.3:東京結婚式明細:お色直し3回?田舎者丸出しの結婚式を挙げた衝撃の花嫁


私の結婚は、やはり幸せだ。過去に同じく幸せな結婚をした友人を思い返すと……?


最近はやたらと結婚式の誘いが多い。

35歳までには第1子を授かりたいという女の性なのか、明らかに妥協に見えるもの、力技で結婚を決める女がとにかく多いように思われる。最近結婚した友人の夫たちは、手放しで祝福できない種の男であることも多かった。

隣で新聞を読みながらコーヒーを啜る夫にチラと目をやる。A級美男子というわけではないが、ピンと伸びた背筋と艶のいい髪と肌。上品に食事をとる様は出会ったときから好印象だった。腹が出ているわけでもなく、結婚3年を過ぎても私にとっては十分な男の魅力を備えてくれている。

「梅雨に入る前に旅行でも行かない? 週末、箱根でも行こうか?」

視線に気づいた夫が笑顔で提案した。心の底から幸せが沸き上がり、夫に抱きついた。

――あぁ、私はやはり幸せな結婚をしたのだ。

幸せと言えば、最近第2子を生んだ友人の聖母マリアのような顔が急に頭に浮かんだ。そういえば彼女の結婚式は文句のつけようのないほど完璧で幸せに溢れていた……。

【東京結婚式明細】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ