ソフィアンの半生 Vol.1

ソフィアンの半生:外資系証券の知性と意外な純情さを持つ女の「それらしい」着地

華やかなイメージをもたれ「慶応ガール」と呼ばれていた慶応卒の女性を描いた群像劇、『慶応ガール、29歳』の連載が終わった。

好評を博した「慶応ガール」だったが、陸の孤島“四ツ谷”に聳えるイグナチオ教会を擁する上智大学卒の通称「ソフィアン」たちは、どのような一生(大抵ここで紹介するのは30歳半ばの女性のため、半生)を生きるのであろうか。

様々なグラフィティを描くそれぞれの肖像、紐解いてみよう。

<今週のソフィアン>

氏名:真美
職業:外資系証券会社バックオフィス
出身:ニューヨーク
学部:文学部英文学科
高校:ICU高校
年収:800万
住居:広尾の戸建(を婚約者と購入予定)
趣味:メルカリ


<19歳の余裕>


「真美ってさー、社会人デビューだよね。」と心おきない友達に言われる。

真美は別にダサかったわけでも地味だったわけでもないが、帰国子女としての自我があまりにも強かったせいか、ルックスにそれだけエネルギーを注がなくてもそれなりに彼氏もいたし、友達の間でも引けをとらなかった。とびきりかわいい秋田出身の理沙に連れられて、社会人との合コンに顔を出してはタクシー券や現金を片手に帰るという華やかな学生生活を過ごしていた。

よく【幹事マックスの法則】と言われるが、「ソフィアン」たちには当てはまらないように感じる。はっきりいって自分より劣る人々を連れて合コンになんて行けば二度とお呼びがかからなくなるし、長い目で見ると愚策でしかない。

特に東京に生息する女子は、顔の造作はともかくとして、”美”に重きを置く女たちはみんな美人の類に入る。肌理(きめ)細やかさ、髪の艶、ふくらはぎの細さ、二の腕のしなやかさ、指の細さ、とにかくぬかりなく整えれば、不美人にはならない。「手抜きメイクとナチュラルメイクを一緒にするな」、と誰かが言っていたが本当にその通りだと思う。

例えば合コンでミスユニバース系美人が集まってしまった場合、それはミスコンの花道(女性サイド)vs ほか観客(男性サイド)という構図になってしまう。そのせいでお互い気を使って、なんとなく一次会で解散という流れになりがちである。

しかし『AKB48』のようになんとなく華やかでキャピキャピしていて(数の暴力ともいう)、男たちがお金さえ払って満足させてさえいれば、文句も言わずジャッジもしなさそうな女たちの方がはるかに男を幸せにするではないか。

可愛い女の子とつるむのが好きな真美は、芸能人がコンパをするときに必ず呼ばれるようにもなっていた。西麻布の『VERANDA』の隠し部屋や『游玄亭 西麻布本館』で食事をして、そのあとカラオケ、というのが定番コースだった。

初めてコンパに参加しカラオケに連れていかれたとき、周りの下っ端たちがいつまでも自分から曲を入れず、歌おうとしない真美を担いでステージまで連れて行き、無理やり歌わせようとした。

そのとき真美は嫌がるそぶりも見せず(事実、その会を主催した大物と話に夢中になっていただけだった)、マリリン・モンローの“I Wanna Be Loved By You”を完コピして歌った。歌詞も声も振付も、完璧に。

流行りの女性歌手の曲を自己陶酔しながらうまく歌うことなんて、サークルの同期の男には惚れられても、手練手管の男には叶わないことを私たちは知っている。

特に絶対誰も歌わないけれど、みんななんとなく知っている曲でウケる曲だと、異性だけでなく同性にもウケがいい。グループアクティビティにおいて”オンナ”を主張する女をガールズたちは警戒し、えてして獰猛な感情としてすぐに顕在化する。

とにかく、そのとき「君、本当に素人なの?」と大きく手をたたきながら喜んでくれたその会の主催者だった大物芸能人は、それからずっと色々な会に真美を呼び続けた。モテる人種の宿命として、男と女であることの戦線離脱を初期の頃からふたりは主張し、意気投合した。煩わしさから解放された今、ふたりで食事をすることもある。

セックスを女のツールでなく結果としか捉えない男脳の真美は、“都合のいい女”なのだろうか?

「セックスしたからって、何かを求めるのも求められるのも可笑しな話でしょう。セックスが介在しようがしなかろうが、どうしても欲しいものなら、手に入れられるはず」

現に、真美はそうする女だった。

【ソフィアンの半生】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ